2016年

5月

22日

サガリバナと星空が魅力 国立公園編入でシンポ 平久保半島

シンポジウムを行うパネリスト=21日午後、ホテルミヤヒラ
シンポジウムを行うパネリスト=21日午後、ホテルミヤヒラ

 4月15日に西表石垣国立公園の園域が拡大し、平久保半島サガリバナ群生地が同公園に編入されたことを記念した式典・シンポジウム「平久保半島サガリバナと星空の魅力を語る」(主催・環境省、石垣市、市観光交流協会)が21日、ホテルミヤヒラで開催された。

 記念講演で環境省石垣自然保護官事務所の若松徹さんは、国立公園の現状と役割、平久保半島が指定されるに至った経緯を説明。「国立公園化を観光振興、地域振興に結びつけ、それを持続させるためには何が必要か考えてほしい」と課題提起した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html