2016年

5月

22日

看護の「気配り」学ぶ 高校生がふれあい体験

ふれあい看護体験で、患者の足を洗う高校生=21日午前、かりゆし病院
ふれあい看護体験で、患者の足を洗う高校生=21日午前、かりゆし病院

かりゆし病院(橋本孝来院長)、聖紫花の杜(野村義信施設長)は、ナイチンゲール誕生日(5月12日)の看護の日にちなんで21日、2016年度ふれあい看護体験を実施した。八重山高校、八重山商工高校、八重山農林高校の生徒17人が看護や介護を体験した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html