2016年

6月

01日

「ハブクラゲ」に注意 きょうから注意報を発令

 ハブクラゲによる刺症被害防止を目的とした「ハブクラゲ発生注意報」が1日から発令され、県は、県民や国内外の観光客への注意喚起を呼び掛けている。期間は9月30日まで。
 ハブクラゲ刺症を未然に防ぐ対策として①海水浴をする場合、肌の露出を避け、ハブクラゲ侵入防止ネット内で泳ぐ②海に行く際は酢(食酢)を持ち歩くなどし、刺された場合は①海からあがり激しく動かず近くの人に助けを求める②刺された部分をこすらず、酢(食酢)をたっぷりかけ触手を取り除き氷や冷水で冷やす③応急処置をし、医療機関で治療をうける。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html