2016年

6月

02日

新米4530㌔ 出荷開始 あすから販売スタート ライスセンター

米の形や水分量などの品質を確認する指導員=1日、JAおきなわ八重山地区営農振興センターライスセンター
米の形や水分量などの品質を確認する指導員=1日、JAおきなわ八重山地区営農振興センターライスセンター

 JAおきなわ八重山地区営農振興センターライスセンターで1日、玄米に加工された今期の県産ひとめぼれ1期米の検査を行い、同日午後から計4530㌔の新米出荷を開始した。この日検査した新米は最高等級の1等品。日本一早い新米は3日からJAファーマーズマーケットゆらてぃく市場で先行販売がスタートする。

 検査を受け1等品となった新米は、大浜永太郎さん=川平=が育てた石垣島産2280㌔と西大舛高均さん=西表=の西表産2250㌔。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html