2016年

6月

06日

砂川、次呂久氏当選 保革2議席分け合う 投票率、3市町とも低下 県議選

 任期満了に伴う県議選は5日投開票され、石垣市区(定数2)は自民公認の現職、砂川利勝氏(52)=公明推薦=が再選、元市職員の新人、次呂久成崇氏(42)=共産、社民、社大推薦=が初当選を果たし、従来通り保革が1議席ずつ分け合った。砂川氏は保守一本化と自公選挙協力を実現させてトップ当選。分裂選挙となった革新陣営は、現職、高嶺善伸氏の後継者である次呂久氏が前市議の新人、前津究氏(44)をかわした。投票率は3市町で軒並み低下し、1万票超の候補者は出なかった。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html