2016年

6月

10日

「格差是正」「寄り添う政治」 砂川、次呂久氏に当選証書

証書付与式後、握手をする砂川氏(左)と次呂久氏(右)=9日午前、県庁(那覇市)
証書付与式後、握手をする砂川氏(左)と次呂久氏(右)=9日午前、県庁(那覇市)

 沖縄県選挙管理委員会(当山尚幸委員長)は、任期満了に伴う第12回県議会議員選挙(定数48)の当選証書付与式を9日午前、県庁で開いた。石垣市区から当選した砂川利勝氏(52)と次呂久成崇氏(42)も証書を受け取った。砂川氏は二期目、次呂久氏は初当選。
 砂川氏は「今日から2期目が始まった。八重山郡民の声を県政に届け、公約を実現していきたい。離島の格差是正の解決と、国境のまちとして日本の領土領海についての問題にも取り組んでいきたい」と決意を新たにした。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html