2016年

6月

10日

軍事的脅威 八重山に   住民に懸念広がる

 尖閣諸島周辺の接続水域を9日未明、中国海軍の軍艦が初めて航行し、八重山にも中国の軍事的脅威が迫っている実態が浮き彫りになった。尖閣を行政区域に抱える石垣市の中山義隆市長が同日、報道陣の取材に「大変不安」と述べるなど、地元住民に懸念が広がっている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html