2016年

6月

14日

ヤシガニ保護条例制定へ 9島で実態調査を計画 竹富町

体重が5㌔近くあるとみられる竹富島のヤシガニ(2015年4月撮影)
体重が5㌔近くあるとみられる竹富島のヤシガニ(2015年4月撮影)

 竹富町は6月議会で「ヤシガニ生息実態調査等事業」の予算案、2033万1千円を上程した。同事業は町内9つの有人島で行う計画で、絶滅危惧Ⅱ類となっているヤシガニの生態調査や、持続可能な活用方法などを調べるもの。田代仁農林水産課長は、今年度までの調査後にヤシガニ保護条例を制定する方針を示し、「早めに設定していかないといけない」と方針を示した。
 質疑で田代課長は、ヤシガニ保護条例の具体案に触れ、「禁猟期間と個体の大きさで設定する予定。繁殖期の6月から9月を狙って実態調査をする」と述べた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html