2016年

6月

15日

「市長は賛否表明を」 八重山大地会が議会に請願

知念辰憲議長に請願書を渡す八重山大地会の新垣氏(右端)ら=14日午後、議長室
知念辰憲議長に請願書を渡す八重山大地会の新垣氏(右端)ら=14日午後、議長室

 石垣島への陸上自衛隊配備に反対する市民グループ「八重山大地会(ヤイマ・ウフヅィーカイ)」は14日、市議会に対し、中山義隆市長へ計画の賛否表明を求める決議を行うよう請願した。請願は今後、市議会総務財政委員会に付託され、審議される見通し。

 請願書では、中山市長が陸自配備問題について「他人事のように安閑(あんかん)とした態度で振る舞っている」と批判。市長が把握している情報の市民への開示、配備計画に対する市長の賛否の早期表明を議会の決議文で求めるべきだとしている。請願の紹介議員は小底嗣洋氏。
 この日、同会メンバーの新垣重雄氏、川上博久氏、潮平正道氏が市議会に知念辰憲議長を訪れ、請願書を渡した。新垣氏は「このままではほとんど議論がないまま、議会の勢力だけで(配備が)決まりかねない」と危惧した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html