2016年

6月

28日

7割が米軍集中「差別」 宮古は5割 八重山6割 県民意識調査

 県が昨年8~9月に県民約1400人を対象に実施した意識調査で、在日米軍専用施設の約74%が沖縄に存在している現状を「差別的」と捉える回答が69・1%に上った。県が27日、調査結果を発表した。地域別に見ると、差別的だとする回答の割合は宮古と八重山で他の地域より低くなっている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html