2016年

7月

03日

初日はクロカワカジキ2本 水温高く大物上がらず 与那国カジキ大会

42㌔のカジキを釣り上げた太郎丸の榎倉健さんら=2日午後、久部良漁港
42㌔のカジキを釣り上げた太郎丸の榎倉健さんら=2日午後、久部良漁港

 第27回日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会(主催・与那国町)は2日、フィッシング競技の初日が行われ、計2本のクロカワカジキが久部良漁港に水揚げされた。重量は36㌔、42㌔とやや小ぶりで、地元漁師が「ここ数週間は水温が高く、条件が悪い」と話す通り、100㌔超の大物は揚がらなかった。

 競技は午前7時にスタートし、25隻の船が一斉にポイントへ。午後5時までの制限時間中、懸命に当たりを追い求めた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html