2016年

7月

03日

国内最古の全身骨格 人骨片1000点、10数体分 白保竿根田原洞穴遺跡で説明会

同遺跡で説明会が行われた=2日、白保
同遺跡で説明会が行われた=2日、白保

 2010年から発掘調査を行っている白保竿根田原洞穴遺跡=市内白保=の現地説明会が2日、同所で行われ、沖縄県立埋蔵文化財センター職員が発掘調査の状況を報告した。同所では約2万年前(旧石器時代)の人骨が見つかっており、発見された人骨片は約1000点。そのうち八重瀬町の港川人(約1万8千年前)以来となる国内最古の全身骨格、顔が判別可能とみられる頭骨が4体で、計10数体分の旧石器時代の人骨があることが発掘調査でわかった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html