2016年

7月

14日

与党、混乱収拾を模索 陸自配備に悪影響懸念 市議会対応めぐり〝分裂〟

 石垣島への陸上自衛隊配備計画をめぐり、市議会与党の自民党石垣市支部(支部長・仲嶺忠師市議)が事実上の分裂状態に陥った問題で、早期の混乱収拾を模索する動きが始まった。支部脱退を表明した市議らが、同支部の常任総務会招集を働き掛けており、話し合いで事態の打開を目指す考え。ただ「支部を脱退した市議には常任総務会に参加する資格はない」と異論の声も上がっており、早期に招集できるかは見通せない。与党の混乱が長期化すれば、陸自配備計画に悪影響を与える上、市政の不安定化にもつながりかねない。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html