2016年

7月

15日

タクシー運賃値上げへ 9月から、初乗り510円 厳しい経営に理解求める 県ハイヤー協会

 県内離島地区のタクシー運賃改定にむけ、沖縄県ハイヤー・タクシー協会(湖城秀實会長)は14日、市健康福祉センターで行政や地域住民、観光事業者を対象とした公聴会を実施した。同協会はレンタカーの増加や燃料費の高騰により、タクシー業界は非常に厳しい経営が続いているとし、値上げに理解を求めた。

 沖縄総合事務局の試案によれば、初乗り運賃は現行の430円から510円に値上げされる見通し。初乗り経過後の距離制運賃も、現行の365㍍ごと60円から302㍍ごと80円に値上げされるため、市役所―八重山病院間は750円(現行550円)、市役所―徳洲会病院間は1390円(現行970円)離島ターミナル―新石垣空港間は4350円(現行2830円)程度となる予定。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html