2016年

7月

25日

稚内市から雪だるま 園児とお年寄り、暑さ忘れ

普段見ない雪だるまを触り笑顔になる利用者=23日、デイサービスまなぶくん
普段見ない雪だるまを触り笑顔になる利用者=23日、デイサービスまなぶくん

 社会福祉法人紺碧の会デイサービスまなぶくん(翁長亜樹代表)で23日午前、利用者と児童養護施設ならさの子どもたちが、友好都市の稚内市から届いた雪だるまで交流した。
 ふだん見られない雪だるまに利用者と子どもらは「冷たい」と大喜び。夏の暑さを忘れて楽しい時間を過ごした。
 雪だるまは28個で、八重山青年会議所の根間斎理事長が2月に稚内市を訪れて製作し、大洋フーズの協力のもと冷凍庫で保管されていた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html