2016年

7月

26日

石垣島沖で竜巻確認 八重山で10カ月ぶり観測

石垣島沖で竜巻が観測された。上空には黒い雲が広がっている=25日、撮影・那覇航空測候所石垣航空気象観測所(沖縄気象台提供)
石垣島沖で竜巻が観測された。上空には黒い雲が広がっている=25日、撮影・那覇航空測候所石垣航空気象観測所(沖縄気象台提供)

 石垣島で25日午前9時18分頃、石垣空港の北東約8㌔沖で竜巻が確認された。石垣島地方気象台は「今後も大気が不安定な状況が続く。竜巻があった場合や、黒い雲が近づいてきたら頑丈な建物の中に」と注意喚起している。
 石垣島地方気象台は竜巻確認後の午前9時48分に竜巻注意情報を発表。竜巻の写真は那覇航空測候所石垣航空気象観測所の職員が撮影した。この日は雷注意報も出ていた。
 この日、発達した積乱雲が影響して竜巻が発生。同気象台によると、けが人などの連絡は入っていないという。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html