2016年

7月

27日

移住・定住支援で協議会 8月発足、人口増目指す

 移住・定住の促進による人口増を目指す石垣市は、専門家や移住経験者の市民などをメンバーにした移住・定住支援協議会を8月3日に発足させる。年度内に報告書をまとめ、具体的施策を来年度予算に反映させたい考え。国立社会保障・人口問題研究所の試算では、現状のまま推移した場合、市の人口は2025年をピークに減少する見通しで、須藤圭亮企画部長は「産業の担い手となる人に移住してもらい、アフターフォローも含めた支援をしたい」と話している。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html