2016年

8月

10日

南シナ海上回る規模 尖閣集結の中国公船

 政府は9日、尖閣諸島周辺海域の中国公船、漁船の活動状況をまとめた。公船は接続水域で最大15隻の活動が確認されたが、南シナ海のスカボロー礁周辺に通常展開している公船4~5隻の態勢に比べ「はるかに多くの中国公船が展開している」と指摘している。
 約200~300隻の漁船が尖閣諸島周辺の接続水域で操業する中で、最大15隻という多数の公船が同じ海域に集結し、双方が領海侵入を繰り返すのは初めて。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html