2016年

8月

10日

「沖縄振興に聖域なし」 鶴保沖縄相、翁長知事と会談

鶴保沖縄担当相に要望書を手渡す翁長知事=9日午前、県庁
鶴保沖縄担当相に要望書を手渡す翁長知事=9日午前、県庁

 【那覇】鶴保庸介沖縄北方担当相は9日、就任後初めて来県し、翁長雄志知事から2017年度沖縄振興予算の3千億台確保など17項目の要請を受けた。鶴保氏は「振興のために聖域はないと思っている。しっかり持ち帰り検討したい」と述べ、沖縄振興に向けた決意を示した。

 要望事項には、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を断念した上で、県外移設に取り組むことも盛り込まれた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html