2016年

8月

11日

「知事は毅然と対応を」 尖閣問題で自民県連が要請

 尖閣諸島周辺で中国の公船や漁船が領海侵入を繰り返している問題で、自民党沖縄県連は10日、県庁を訪れ、領土や領海の安全確保に向けた強いメッセージを発信するなど「毅然とした対応」を翁長雄志知事に求める要請書を手渡した。浦崎唯昭副知事が対応した。
 要請では、尖閣諸島を抱える石垣市選出の砂川利勝県議が「地元の漁師から、尖閣周辺で漁ができず不満が出ている」と説明。「翁長知事は現場の声を聞き、沖縄のリーダーとしてしっかり発信してほしい」などと訴えた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html