2016年

8月

26日

「過剰警備」「過重負担」 翁長知事、ヘリ施設工事批判

記者会見する翁長知事=25日、県庁
記者会見する翁長知事=25日、県庁

 【那覇】翁長雄志知事は25日の記者会見で、米軍北部訓練場(東村、国頭村)で防衛省が進めるヘリコプター離着陸帯の建設工事を巡り、反対派の抗議活動を規制するために機動隊員を大量動員している政府の対応を批判した。「過剰警備であることは間違いない」と述べた。

 「参院選が終わって数時間後に資機材を運んだり、500人とも800人とも言われる機動隊を動員している」と疑問視。基地問題の解決には県民との信頼関係が必要だと指摘し「県民全体で日本の安全保障を過重に担っている。県民と寄り添い、しっかり話し合いをしていきたいというものにはほど遠い」とも強調した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest