2016年

9月

02日

反対派 世論対策で先行 混乱露呈の推進派に焦り 陸自配備計画

 石垣島への陸上自衛隊配備計画は、反対派が市民向けの講演会を相次いで開催するなど、世論対策で推進派に先行している。石垣市議会(知念辰憲議長)には開南公民館と川原地区有志が反対の請願を提出、再び議会での攻防を活発化させる構えだ。一方の推進派は与党内の混乱が露呈しており、中山義隆市長は賛否の表明を保留したまま。関係者からは焦りの声も出始めた。

 推進派は当初、6月議会で推進派の請願を可決し、中山市長の受け入れ表明につなげたい考えだったが、市議会は推進、反対両派の請願をいずれも否決。議会としての判断は見送られた形になった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest