2016年

9月

04日

大地震想定、950人避難 離島の被災 対応確認 竹富町初の県防災訓練

大原港を主会場とした県総合防災訓練が行われた=3日、大原港
大原港を主会場とした県総合防災訓練が行われた=3日、大原港

 2016年度沖縄県総合防災訓練(主催・沖縄県など)が3日、竹富町で初めて開かれ、大原港を主会場として大規模災害を想定した訓練が行われ、災害時の拠点港としての動きを確認した。同町内の避難訓練参加者数は950人。同訓練の目的は、離島の地域特性を踏まえた対応能力の向上など。

 訓練の想定は八重山諸島南西沖を震源とする強い地震(M8・7)が発生し、竹富町で最大震度6強となり、八重山諸島全域に大津波警報が発令されるというもの。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest