2016年

9月

18日

法科大学院生を支援 人材育成などで協定 沖銀と琉大

沖縄銀行と琉球大学大学院法務研究科との学修支援などで連携・協力する協定を結んだ沖縄銀行の保久盛長哲常務(右)と琉球大学大学院の吉﨑敦憲法務研究科長=16日、沖縄銀行本店(那覇市)
沖縄銀行と琉球大学大学院法務研究科との学修支援などで連携・協力する協定を結んだ沖縄銀行の保久盛長哲常務(右)と琉球大学大学院の吉﨑敦憲法務研究科長=16日、沖縄銀行本店(那覇市)

 沖縄銀行(玉城義昭頭取)と琉球大学大学院法務研究科(吉﨑敦憲法務研究科長)は16日午後、司法試験合格を目指す同研究科の修了生に対して行っているサポートのさらなる連携と人材育成などの協力を目的とする協定を結び、那覇市の沖縄銀行本店で調印式を行った。
 協定書では、沖銀が2007年から司法試験の合格率を上げることを目的に、同研究科の修了生を嘱託行員として採用し、司法試験に専念できる環境を提供する「リーガル・アシスタント制度」の継続と、修了生に加え在学生も対象とし、インターンシップの受け入れや、就職活動支援などを含めた6項目で協力することを確認した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest