2016年

9月

18日

2年連続〝大型〟猛威 与那国に大きな爪あと

農協の入り口を飛散したコンテナが塞いだ=17日、与那国町(上地艶子通信員撮影)
農協の入り口を飛散したコンテナが塞いだ=17日、与那国町(上地艶子通信員撮影)

 17日に台風16号の直撃を受けた与那国町は、約1年前の2015年9月28日に台風21号が直撃しており、2年連続で大型台風が人口1700人の島で猛威を振るい、大きな爪あとを残した。

 16号の影響で少なくとも電柱が1本倒壊、家屋の窓ガラスが割れるなど一部損壊も確認された。沖縄県農協与那国支店の玄関前には、強風で飛ばされたとみられるコンテナが入り口をふさいだ。幹線道路にはトタン屋根などが散乱した。農機具を入れる小屋も大破し、機材が風雨にさらされていた。ガードレールも強風で横倒しとなった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest