2016年

9月

22日

奨学金条例取り下げ 給付額など記載なし

条例案の取り下げを決めた西大舛町長=21日、議場
条例案の取り下げを決めた西大舛町長=21日、議場

 竹富町議会(新博文議長)9月定例会の議案審議が21日、同議場で開かれ、町執行部は今議会に上程されていた、対象者に月額5万円を給付する返済不要の「竹富町ふるさと応援奨学金給付条例」案を取り下げた。西大舛高旬町長は「条例内容を再度精査する必要があるので撤回を求める」と述べた。同条例には毎月の給付額などの記載がない。

 給付型奨学金条例はこれまで、竹富町総合教育会議で議論されてきた。保健師、幼稚園教諭、保育士など、竹富町内で不足している人材の確保を目的としている。奨学金受給者は卒業後、町内での勤務が必要となる。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest