2016年

9月

29日

「命はひとつしかない」 息子を失った富永さん講話

暴行事件の被害者に黙祷が捧げられた=28日午後、八重山農林高校
暴行事件の被害者に黙祷が捧げられた=28日午後、八重山農林高校

 八重山農林高校(渡久山修校長)は28日午後、同校体育館で生命と心身の尊重を考えることを目的とした学習集会を行った。講話では1996年7月に傷害致死事件で当時同校2年生だった息子・政貴さんを失った富永広美さんが講師を務め、「命はひとつしかないし、失われた命は戻ってこない。自分の命と人の命を大切にたいせつにしてほしい」と切実に訴えた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest