2016年

10月

05日

島言葉で俳句改造 「五・七・五飛び越えよう」 新川小公開授業

仲本英男教諭(右)が公開授業を行った=4日、新川小学校
仲本英男教諭(右)が公開授業を行った=4日、新川小学校

 2016年度小学校国語授業改善研修会(主催・沖縄県教育庁義務教育課)の公開授業が4日、新川小学校(佐事安弘校長)の5年2組(児童30人)で開かれ、仲本英男教諭が「日常を○○音で」と題し、琉歌や島言葉(スマムニ)などを活用した俳句の改造を行った。同教諭は「五・七・五を飛び越えよう」と思いを伝えることの重要性を述べた。
 仲本教諭は、児童に事前に作らせた俳句を「より伝わるように工夫、改造をしていく」と冒頭に述べ、電子黒板を使って著名俳人の句を詠んだ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest