2016年

10月

06日

座礁船周辺で油流出 吉原沖、連日確認

吉原沖の座礁船=4日(第11管区海上保安本部提供)
吉原沖の座礁船=4日(第11管区海上保安本部提供)

 石垣市吉原沖で9月に発生したモンゴル漁船の座礁事故で、第11管区海上保安本部は5日、船の周辺で油が浮いているのを確認した。巡視船搭載艇の拡散作業で浮いていた油は消滅した。
 海保職員が船内を調査したところ、油の流出箇所は確認できなかった。
 油の流出は4日にも確認されたが、油は自然に消滅していた。海保は船舶所有者に対し、船長を通じて防除作業を実施するよう申し入れるとともに、県、石垣市などに対しても防除措置の実施を要請した。