2016年

10月

07日

大規模停電、約2万3千世帯 住民生活 一時マヒ 石垣、竹富で落雷影響

停電が影響し信号機も機能停止。警察官が交差点で交通整理した=6日、真栄里
停電が影響し信号機も機能停止。警察官が交差点で交通整理した=6日、真栄里

 6日午前9時6分、沖縄電力石垣第二発電所付近で落雷があり、保護装置が作動した結果、全発電機が自動停止し、石垣市と竹富町のほぼ全域で約3時間に及ぶ大規模な停電が発生した。電力の復旧までの間、役所や事業所などは対応に追われ、住民生活が一時マヒした。停電は波照間島、与那国町を除く地域で発生し、沖縄電力によると2万2521戸に影響が出た。

 「多少の混乱はあった」と話すのは県立八重山病院の金城敏彦総務課長。停電後は自家発電で電力供給したが、会計システムの立ち上げの遅れなどがあった。また、MRIなどの機械は電力消費が多いため、自家発電での利用を見送り、数人の予約者の時間を変更して対応した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest