2016年

10月

30日

わずかな部落だ、皆で助け合おう 久宇良で入植60周年記念式典

久宇良集落入植60周年記念式典と祝賀会が行われた=29日午後、久宇良公民館
久宇良集落入植60周年記念式典と祝賀会が行われた=29日午後、久宇良公民館

 久宇良公民館(村山雅庸館長)は29日午後、入植60周年記念式典および祝賀会を同公民館で挙行した。式典には移民元となった大宜味村の宮城功光村長も駆けつけ、節目の年を祝った。

 久宇良集落には1956年、大宜味村を中心とする県内15自治体から53世帯の計画移民が入植。サトウキビやパインなど、農業を中心とした開拓を行ってきた。現在は本土からの移住者をふくめ13世帯が居住し、サバ二や星空体験など観光業にも取り組んでいる。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest