2016年

11月

05日

市街地で250㌔不発弾 工事中に発見、陸自が応急措置

大川のゆいロードで不発弾が発見され、調査する自衛隊員=4日夜、市内大川
大川のゆいロードで不発弾が発見され、調査する自衛隊員=4日夜、市内大川

 250㌔の不発弾が4日午前、市内大川の市街地「ゆいロード」で、汚水排水整備工事中に発見された。信管があり爆発する可能性もあることから、陸上自衛隊が不発弾を歩道に寄せ、専用の機器で覆う応急措置を取った。石垣市防災危機管理室の大濵武室長によると、同日夜現在、不発弾処理の日程は決まっておらず、処理までの間、発見場所で保管する。
 同日午前10時ごろ、工事中に現場作業員がユンボで地中2㍍ほどの位置を掘っていたところ不発弾を発見。「砂と一緒にズルッと滑り落ちてきた。鉄の固まりと思っていた。危なかった(工事関係者)」と安堵した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest