2016年

11月

10日

死亡群体が大幅増加 サンゴの白化率97%に 石西礁湖 前回調査から「進行」

 環境省那覇自然環境事務所は9月29日から10月4日までの間、西表石垣国立公園の石西礁湖海域と慶良間諸島国立公園海域のサンゴ白化現象の調査を行い、石西礁湖の平均白化率が前回調査の89・6%から増加した97%となっていることを9日、発表した。「全体が死亡した群体」は前回5・4%から56・7%と大幅に増加した。同事務所は「より白化現象が進行していることを確認した」としている。
 調査は石西礁湖内の35地点で実施。前回同様、各調査地点の白化現象の状況をスポットチェック法で調査し、平均白化率を割り出した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest