2016年

11月

15日

晴天の下、厳かに節祭 フダチミやオホホで豊穣願う

祖納集落では、黒頭巾をかぶったフダチミや女性たちによるアンガー行列が行われた=14日午後、西表島前泊海岸
祖納集落では、黒頭巾をかぶったフダチミや女性たちによるアンガー行列が行われた=14日午後、西表島前泊海岸

 西表島最大の伝統行事で国の重要無形民俗文化財にも指定されている、西表島節祭の奉納芸能が14日、祖納、干立集落で行われ、真夏のような晴天の下、黒頭巾をかぶった「フダチミ」やミルク、こっけいなしぐさで笑いを誘う「オホホ」などの芸能を多くの郷友や観光客らが楽しんだ。

 節祭は今年の豊作と来夏世の五穀豊穣を願う行事で、西表島祖納、干立集落では一年で最大の行事となっている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest