2016年

11月

23日

県立芸大に八重山芸能専攻課程を 八重山出身教授らが座談会

 沖縄県立芸術大学などの芸術系高等教育機関に「八重山芸能」を専攻する課程が存在せず、小、中、高と八重山芸能を学んできた子どもたちが、大学で芸能の道に進むと「琉球芸能」専攻とならざるを得ない現状を改善しようと、八重山出身の大学教授らによる座談会「八重山芸能後継者を育成する上での諸課題」(座長・大城學琉球大学教授、主催・白保企画)が21日夜、県立芸大首里金城キャンパスで開かれた。

 同座談会は白保企画が沖縄県文化振興会の支援をうけ、沖縄文化活性化・創造発信支援事業の一環として実施。大城教授のほか、波照間永吉県立芸大元教授、狩俣恵一沖縄国際大学教授、八重山芸能研究者の大田静男氏が参加した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest