2016年

11月

23日

給付型奨学金条例が可決 全会一致で来年度から適用 八重山初の返済不要型 竹富町臨時議会

給付型奨学金条例が可決した=22日、竹富町議会議場
給付型奨学金条例が可決した=22日、竹富町議会議場

 2016年第5回竹富町議会臨時議会(新博文議長)が22日招集され、「竹富町ふるさと応援奨学金給付条例」が議員の全会一致で可決した。返済不要の給付型は八重山で初めて。給付対象は幼稚園教諭など5専門職の資格取得を目指し、大学や短期大学、専修学校専門課程に進学する子ども。月額給付は5万円。2017年度から適用となる。

 条例可決後、大田綾子教育長は取材に対し、「学資支給は魅力的。資金をもらったら(竹富町に)帰ることが条件。若者が戻ってきてくれる」と専門職確保への期待を示し、「募集要項を早めに出して、12月の募集に間に合わせたい」と意気込んだ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest