2016年

11月

30日

難民支援で2360着 八商工、前年比の約3倍

2360着を体育館に並べ、生徒は「LOVE」の文字を作り、支援の意思を込めた=29日、同校体育館
2360着を体育館に並べ、生徒は「LOVE」の文字を作り、支援の意思を込めた=29日、同校体育館

 難民がいる地域に子ども服を送り社会貢献する「届けよう服の力プロジェクト」(ユニクロ主催)に、2年連続で協力している八重山商工高校(真栄田義功校長)は29日、市民らから募った服を集計した。服は計2360着となり、前年比の約3倍に達した。

 同プロジェクトに参加したのは、同校商業科観光コース18人のメンバー。15日から25日までの間、平真小学校の3、5、6年生と、ひまわり幼稚園を対象に服の募集を呼び掛けた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest