八重山日報社が1977年に創刊されて今年で40年を迎えます。節目の年にあたり、新たに「沖縄本島版」を製作し、八重山諸島に加え沖縄本島での取材体制を強化することにしました。

 復帰後45年を迎える沖縄は、アジアでも特色ある観光リゾート地として成長を続ける一方、米軍基地負担をいかに軽減するかという課題を抱えています。沖縄の経済や政治の動きを、きめ細やかに発信できる取材体制を目指します。創業時の初心に返り、公正な報道と適切な論評を世に問い、誰にでも分かりやすく愛される紙面づくりを進めます。

「沖縄本島版 八重山日報」基本情報

 

【購 読 料】   一部             90円(税込み)

         月極購読料        2,160円(税込み)

       県外(国内)購読料 (仮)3,610円(税込み)

【ページ数】 

 当面、8ページの構成を予定しておりますが、スタッフの充実を図りながら徐々に増やして参ります。

【支払方法】  

 口座振替のみ

【朝刊配達可能区域】 

 浦添市、那覇市、豊見城市、糸満市

 ※上記4地区以外の地域では、現時点ではお昼以降の配達となる予定ですが、配達員の確保ができ次第、随時増やして参ります。

 

 現在、4月1日の沖縄本島での朝刊配達開始に向け、5,000部の目標を掲げ準備を進めております。その中で、多くの方々に関心を持っていただき、日々お問い合わせいただく機会も増えてまいりました。当社への応援の声も多数届いております。

 一方で、皆様の日々の生活にとって大切な情報である「広告」や「折込チラシ」の分量という皆様に大変関心の高い点については、発行部数の大小に左右されるところがございますので、当面、自信をもってお約束できないのが実情であり、当社といたしましても心苦しいところでございます。県民にとって必須ともいえる「お悔み情報」につきましても、関連企業と連携し、網羅できるよう現在取り組んでいるところでございます。

 当面、ページ数も少なく、至らぬ点も多々ございますが、当紙を皆様に育てていただきながら、少しでも購読数を伸ばしていけるよう努めてまいります。

電子版の有無等、現在未定の部分につきましては、決まり次第こちらのホームページ情報を更新していく予定です。

 その他詳しいお問い合わせは、こちらの番号までお願いします。

 Tel:(0980)82‐2403

 

          【スタッフ募集中】

       電子版購入はこちらから【新聞オンライン.com】

   http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

『新聞オンライン』アプリ配信開始!

スマートフォン・タブレット端末で閲覧できます! 

 

 八重山日報電子版では最新号の新聞の他、バックナンバーも購入いただけます。定期購読または1部からの購入も可能となっており、購入した新聞は、IDとパスワードでログインさえすれば、自宅でも職場でも、読むことができます。

 発売時刻は、発売当日の午前11時となります。(変更になる場合があります)

 難配達地域の既存の読者にも非常に利便性の高いサービスとなっております。是非ご利用ください。

 ※著作権の都合上、電子版では、紙の新聞と内容が一部異なる場合や、掲載されないページ・掲載されない記事がある場合があります。あらかじめご容赦ください。

2017年

1月

19日

埋めた遺体 母と判明 容疑者息子、きょう送致

遺体が見つかった前竹容疑者の自宅で鑑識活動が行われた=18日、市内大川
遺体が見つかった前竹容疑者の自宅で鑑識活動が行われた=18日、市内大川

 17日に死体遺棄の疑いで現行犯逮捕された前竹拓也容疑者(28)が自宅の花壇に埋めた被害者は、母親の前竹ルリ子さん(60)だったことが18日わかった。前竹容疑者の身柄は19日に八重山署から那覇地方検察庁石垣支部に送致される。
 八重山署は18日午後1時30分ごろ、容疑者宅で現場検証を始めた。捜査官らが近隣住民への聞き込みや、自宅での鑑識活動を行った。自宅から約40㍍先の通りまで規制線が張られていた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

1月

18日

保育士、70人増が必須 来年度末に待機児童解消へ 市子育て会議

石垣市子ども・子育て会議が開かれた=17日、石垣市立図書館
石垣市子ども・子育て会議が開かれた=17日、石垣市立図書館

 第1回「石垣市子ども・子育て会議」が17日、石垣市立図書館で開かれ、同支援事業計画の進捗状況などを確認した。石垣市の試算によると、待機児童は2017年度に認可保育園5園が開園することで、年度末にはゼロになる試算をしているが、少なくとも保育士70人の増員が必須となっている。待機児童解消後の2018年度以降は、公立幼稚園・保育所民営化の検討を本格化させる方針も示した。10月1日の時点で石垣市の待機児童は164人。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

1月

18日

死体遺棄容疑で男逮捕 「母を殺して埋めようとした」 市内大川

花壇のような場所に遺体が埋められていた=17日、市内大川
花壇のような場所に遺体が埋められていた=17日、市内大川

 八重山署(前田達史署長)は17日午後3時58分、市内大川に住む職業不詳の前竹拓也容疑者(28)を母親の遺体を自宅に埋めたとして、死体遺棄の容疑で現行犯逮捕した。同容疑者は「お母さんを殺して埋めようとした」と供述している。

 八重山署によると前竹容疑者はバッグを盗んだとして窃盗の被疑者とされていたことから17日、同署の警察官が同容疑者を逮捕しようと自宅に向かった。自宅の庭で前竹容疑者が遺体を埋めていたことから死体遺棄の容疑で現行犯逮捕した。遺体は仰向けで胸当たりまで土に埋まっていたという。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

1月

18日

反基地運動の実態に迫る 「沖縄の危機」 本紙コラム兼次さん

 沖縄の反基地運動の実態などに迫る「沖縄の危機!『平和』が引き起こす暴力の現場』が20日、青林堂から発売される=写真。本紙にコラムを執筆している兼次映利加さんが編集・執筆を務めている。
 兼次さんが沖縄本島の米軍ヘリパッド建設現場を訪れた際のルポ「私の高江体験記」では、反対運動が村の秩序を乱し、言葉の暴力も含めた実力行使を行っているとして「現場で起こっているのは『破壊活動』そのものだ」と指摘した。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

1月

17日

米国の次期大統領…

 米国の次期大統領、トランプ氏に関する報道の多くには、首を傾げざるを得ない。「メキシコ国境に壁をつくる」という発言を引き合いに「過激な反移民で差別主義者」などとレッテル貼りする報道もその一例だ◆発言内容を詳細に見ると、トランプ氏は移民にではなく、不法移民に反対し「国境を守れない国家は国家でない」と訴えている。中国の万里の長城を挙げ、壁の建設は不可能ではないと指摘する◆「壁の建設費用をメキシコに支払わせる」という発言も嘲笑されることが多いが、直接取り立てるのではなく、関税引き上げやメキシコへの支援の減額などといった方法を提案。なかなかの戦略家であることは明らかだ◆「反トランプ」ありきで彼を過小評価するような報道を見ると、沖縄をめぐる「反基地」ありきの報道を連想してしまう。問題を極端に単純化すると、大局を見失う◆「イエス、ウィキャン(私たちはできる)」と叫んだ現大統領は、実行力が伴わなかった。「オバマケア」をはじめとする政治的遺産は、早くも無に帰そうとしている◆一方「米国を再び偉大に」と訴えて勝利したトランプ氏。日本にとっていいのか悪いのかは分からない。だが、そのスローガンを実行するポテンシャルを持つ人物であることは間違いないだろう。

2017年

1月

17日

環境マーク 効果確認 島野菜販売でサンゴ保全 石西礁湖基金

石西礁湖サンゴ礁保全に資する認定制度構築に向けた勉強会が開かれた=16日、大濵信泉記念館
石西礁湖サンゴ礁保全に資する認定制度構築に向けた勉強会が開かれた=16日、大濵信泉記念館

 WWFジャパンと特定非営利活動法人石西礁湖サンゴ礁基金の共催、「石西礁湖サンゴ礁保全に資する認定制度構築に向けた勉強会」が16日、大濵信泉記念館で開かれた。2010年に実施した島野菜に環境推奨マークを付けて販売し、売り上げをサンゴ礁保全活動に還元する社会実験の分析結果も報告され、商品の価格が高くても購買促進の効果があることを確認した。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

1月

17日

尖閣の領海警備「踏ん張る」  冷静・毅然対応に敬意 海保年頭訓示

宮﨑一巳石垣海上保安部長による年頭訓示が行われた=16日午後、石垣海上保安部浜崎船艇基地
宮﨑一巳石垣海上保安部長による年頭訓示が行われた=16日午後、石垣海上保安部浜崎船艇基地

 石垣海上保安部(宮﨑一巳部長)は16日午後、浜崎船艇基地で所属巡視船乗組員約100人に対して年頭の訓示を行った。尖閣諸島周辺海域で常態化している中国公船の航行など、八重山を取り巻く国際情勢の緊迫化に触れ、領海警備の強化へ職員の奮起を促した。

 宮﨑部長は年頭の各種集いに出席した際、海保に対する市民の関心の高さを実感したことを報告。
 昨年起きた中国公船の大量集結や外国軍艦・海洋調査船への対応について、各船のプロフェッショナルで冷静・毅然とした対応に敬意を表した。尖閣諸島の開拓の日式典では、市長はじめ関係者からねぎらいと高い評価を受けたと話した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

1月

15日

「足元の宝」観光文化に パラ五輪、誘客も提言 市文化観光シンポ

石垣市文化観光シンポジウムが開かれた=14日、市内ホテル
石垣市文化観光シンポジウムが開かれた=14日、市内ホテル

  石垣市文化観光シンポジウム(石垣市主催)が14日、市内ホテルで開かれた。「文化観光都市ISHIGAKI 2020 東京オリパラに向けて」と題したパネルディスカッションでは、建築家の隈研吾氏や中山義隆市長ら計6人が、石垣市の文化観光の可能性を探った。「外からきた人は足元の宝をみつけやすい」など、外部の視点を生かすことの重要性や、2020年のパラリンピックでの文化プログラム構築など県内誘客へ提言もあった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest