八重山日報社が1977年に創刊されて今年で40年を迎えます。節目の年にあたり、新たに「沖縄本島版」を製作し、八重山諸島に加え沖縄本島での取材体制を強化することにしました。

 復帰後45年を迎える沖縄は、アジアでも特色ある観光リゾート地として成長を続ける一方、米軍基地負担をいかに軽減するかという課題を抱えています。沖縄の経済や政治の動きを、きめ細やかに発信できる取材体制を目指します。創業時の初心に返り、公正な報道と適切な論評を世に問い、誰にでも分かりやすく愛される紙面づくりを進めます。

八重山日報 沖縄本島版 」基本情報

 

【購 読 料】   一部             90円(税込み)

         月極購読料        2,160円(税込み)

       県外(国内)購読料    3,610円(税込み)

【ページ数】 

 当面、8ページの構成を予定しておりますが、スタッフの充実を図りながら徐々に増やして参ります。

【支払方法】  

 ・口座振替  ・お振込

【朝刊配達可能区域】 

 浦添市、那覇市、豊見城市、糸満市

 ※上記4地区以外の地域では、現時点ではお昼以降の配達となる予定ですが、配達員の確保ができ次第、随時増やして参ります。

 

 日々の生活にとって大切な情報である「広告」や「折込チラシ」の分量という皆様に大変関心の高い点については、発行部数の大小に左右されるところがございますので、当面、自信をもってお約束できないのが実情であり、当社といたしましても心苦しいところでございます。県民にとって必須ともいえる「お悔み情報」につきましても、関連企業と連携し、網羅できるよう現在取り組んでいるところでございます。

 当面、ページ数も少なく、至らぬ点も多々ございますが、当紙を皆様に育てていただきながら、少しでも購読数を伸ばしていけるよう努めてまいります。

 詳しいお問い合わせは、こちらの番号までお願いします。

 Tel:(0980)82‐2403

 

八重山日報沖縄本島版の配達及び販売委託会社

       電子版購入はこちらから【新聞オンライン.com】

 【八重山版】http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

 

【沖縄本島版】http://www.shimbunonline.com/latest/yaeyamahontoban.html

『新聞オンライン』アプリ配信開始!

スマートフォン・タブレット端末で閲覧できます! 

 

 八重山日報電子版では最新号の新聞の他、バックナンバーも購入いただけます。定期購読または1部からの購入も可能となっており、購入した新聞は、IDとパスワードでログインさえすれば、自宅でも職場でも、読むことができます。

 発売時刻は、発売当日の午前11時となります。(変更になる場合があります)

 難配達地域の既存の読者にも非常に利便性の高いサービスとなっております。是非ご利用ください。

 ※著作権の都合上、電子版では、紙の新聞と内容が一部異なる場合や、掲載されないページ・掲載されない記事がある場合があります。あらかじめご容赦ください。

          【スタッフ募集中】

2017年

6月

27日

野党 はしご外される 来年の市長選に影響も 住民投票否決

住民投票条例案を発議で提案し、質疑に応じる野党の宮良操氏=26日午前、市議会
住民投票条例案を発議で提案し、質疑に応じる野党の宮良操氏=26日午前、市議会

 石垣島平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画を問う住民投票条例案が26日、市議会で否決された。野党は与党の「造反」を見越して勝負に出たが、最後にはしごを外された形だ。住民投票に反対してきた中山義隆市長は、ひとまず危機を乗り切った。住民投票条例案への賛成を見送った与党市議の1人は、来年3月の市長選で野党候補者の1人に浮上しており、住民投票条例の否決は市長選にも影響しそうだ。

 

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

6月

27日

違法薬物 ダメ絶対 ヤング街頭キャンペーン

高校生らが「ダメ。ゼッタイ。」運動を展開した=24日、市内スーパー前
高校生らが「ダメ。ゼッタイ。」運動を展開した=24日、市内スーパー前

 薬物乱用防止活動を推進する沖縄県「ダメ。ゼッタイ。」普及運動の出発式(同実行委主催)が24日、八重山保健所前で開かれた。出発式後は「6・26ヤング街頭キャンペーン」を行い、高校生らが違法薬物などに対し「ダメ絶対」と呼び掛けた。
 出発式で沖縄県薬物乱用防止協会八重山支部の上地恵永支部長は、「県内では高校生の大麻所持、石垣市でも大麻所持事件が報道された。沖縄県は違法薬物の中継地となっている可能性がある」と警戒した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

6月

27日

住民投票条例案を否決 野党提案、与党同調せず 陸自配備問題

住民投票条例案に起立して賛成する野党の7人(左側)。賛成少数で否決となった=26日午後、市議会
住民投票条例案に起立して賛成する野党の7人(左側)。賛成少数で否決となった=26日午後、市議会

 石垣市議会(知念辰憲議長)6月定例会の最終本会議が26日開かれ、野党が提案した平得大俣地域への陸上自衛隊配備の是非を問う住民投票条例案を賛成少数で否決した。条例案に対し、与党からの同調者は出なかった。中山義隆市長は閉会後、報道陣の取材に「議会は適切に判断した」と評価した。野党は今後、住民の署名に基づく住民投票の請求を視野に、配備反対運動を展開する方針。
 市議会で陸自配備に反対する野党は7人。野党だけでは過半数の11人に達しないが、与党会派「自由民主党」(4人)の一部市議が野党と連携する姿勢を示していたことから、野党の宮良操氏が動議で住民投票条例案を提出した。しかし採決の結果、賛成7、反対13で、与党会派からの賛成者はなかった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

6月

26日

平和を願い「白い鳥凧」 石垣島凧あげ交流会

開会式では全国各地の凧に交じり、平和を願う白い鳥凧があげられた=25日午前、南ぬ浜新港地区
開会式では全国各地の凧に交じり、平和を願う白い鳥凧があげられた=25日午前、南ぬ浜新港地区

 2017年石垣島凧あげ交流会と第7回全国シャクシメー大会が25日、南ぬ浜町新港地区で開催され、遠くは宮城県から参加した愛好家60人が八重山凧愛好会会員との交流を深めた。この日は天候にも恵まれ、訪れた家族連れらは全国各地から持ち寄られたさまざまな凧を楽しんだ。

 今交流会では初の試みとして「白い鳥凧を大空高く飛ばそう!プロジェクト」を実施。平和を願い作られた、白い鳥凧が空高く舞う中開会式が行われた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

6月

26日

74人、晴れて自衛官に 3ヵ月の課程終え任地へ 陸自15旅団

3ヵ月月の訓練を終えた候補生ら。今後、さらなる訓練を受ける=25日午前、那覇駐屯地
3ヵ月月の訓練を終えた候補生ら。今後、さらなる訓練を受ける=25日午前、那覇駐屯地

 【那覇】陸上自衛隊第15旅団(旅団長・原田智総陸将補)は25日午前、自衛官候補生課程修了式を那覇駐屯地で行い、体力増強や実弾射撃、夜間の25㌔徒歩行進など約3ヵ月に及んだ課程を終了し74人が正式に陸上自衛官に任官された。今後、それぞれの専門教育を受ける課程に入り、約50人は沖縄を離れる。候補生らが属する教育隊を指揮する開雅史第51普通科連隊長は「いかなる困難にも臆せず自信と勇気を持って自衛官の道を進んでほしい」と式辞を述べた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

6月

26日

自動運転で混雑解消へ バス運行実験始まる 内閣府 県内2カ所目、来月8日まで

自動運転バス運行実験の出発式で記念撮影する関係者=25日午後、石垣港離島ターミナル
自動運転バス運行実験の出発式で記念撮影する関係者=25日午後、石垣港離島ターミナル

 石垣市の交通混雑解消などに向け、内閣府は25日、GPSを利用した自動運転バスの運行実証実験を石垣港離島ターミナルから石垣空港までの約16㌔の区間でスタートさせた。7月8日までの予定。県内では3月の南城市に次いで2カ所目で、全国初の試みとして、一般の乗車モニターも募集している。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

6月

25日

第15代は前盛善昭家 白保で弥勒継承式

弥勒役を引き継いだ前盛善治さん(右から2人目)と父の善昭さん(3人目)=24日午後、白保集落
弥勒役を引き継いだ前盛善治さん(右から2人目)と父の善昭さん(3人目)=24日午後、白保集落

 7月27日に行われる白保豊年祭ムラプーリンを前に、同豊年祭の象徴である弥勒役を引き継ぐ「弥勒継承式」が24日午後、同集落内で開かれ、3年間弥勒役を務めた金嶺隆吉さん(87)一家から、第15代目となる前盛善昭さん(90)一家に面や衣装が引き継がれた。豊年祭では、善昭さんの長男善治さん(64)が役を務める。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

 

2017年

6月

25日

沖縄から「うた開き」 うたの日コンサートに7千人

7000人の観衆が一体となった「うたの日コンサート」=24日、嘉手納町兼久海浜公園
7000人の観衆が一体となった「うたの日コンサート」=24日、嘉手納町兼久海浜公園

 【嘉手納】沖縄からうた開きをしようと、「うたの日コンサート2017in嘉手納」(主催・同実行委員会)が24日、嘉手納町の兼久海浜公園で開催され、ステージには総勢800人が登壇、会場はファン、観光客ら約7千人の聴衆で一体となって盛り上がった。

 「うたの日コンサート」は、01年に「みんなで〝うた〟をお祝いしよう」とBEGINが中心になって呼び掛け、那覇市のライブハウスからスタートした。今回で17回を迎えた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest