八重山日報社が1977年に創刊されて今年で40年を迎えます。節目の年にあたり、新たに「沖縄本島版」を製作し、八重山諸島に加え沖縄本島での取材体制を強化することにしました。

 復帰後45年を迎える沖縄は、アジアでも特色ある観光リゾート地として成長を続ける一方、米軍基地負担をいかに軽減するかという課題を抱えています。沖縄の経済や政治の動きを、きめ細やかに発信できる取材体制を目指します。創業時の初心に返り、公正な報道と適切な論評を世に問い、誰にでも分かりやすく愛される紙面づくりを進めます。

八重山日報 沖縄本島版 」基本情報

 

【購 読 料】   一部             90円(税込み)

         月極購読料        2,160円(税込み)

       県外(国内)購読料    3,610円(税込み)

【ページ数】 

 当面、8ページの構成を予定しておりますが、スタッフの充実を図りながら徐々に増やして参ります。

【支払方法】  

 ・口座振替  ・お振込

【朝刊配達可能区域】 

 浦添市、那覇市、豊見城市、糸満市

 ※上記4地区以外の地域では、現時点ではお昼以降の配達となる予定ですが、配達員の確保ができ次第、随時増やして参ります。

 

 日々の生活にとって大切な情報である「広告」や「折込チラシ」の分量という皆様に大変関心の高い点については、発行部数の大小に左右されるところがございますので、当面、自信をもってお約束できないのが実情であり、当社といたしましても心苦しいところでございます。県民にとって必須ともいえる「お悔み情報」につきましても、関連企業と連携し、網羅できるよう現在取り組んでいるところでございます。

 当面、ページ数も少なく、至らぬ点も多々ございますが、当紙を皆様に育てていただきながら、少しでも購読数を伸ばしていけるよう努めてまいります。

 詳しいお問い合わせは、こちらの番号までお願いします。

 Tel:(0980)82‐2403

 

八重山日報沖縄本島版の配達及び販売委託会社

       電子版購入はこちらから【新聞オンライン.com】

 【八重山版】http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

 

【沖縄本島版】http://www.shimbunonline.com/latest/yaeyamahontoban.html

『新聞オンライン』アプリ配信開始!

スマートフォン・タブレット端末で閲覧できます! 

 

 八重山日報電子版では最新号の新聞の他、バックナンバーも購入いただけます。定期購読または1部からの購入も可能となっており、購入した新聞は、IDとパスワードでログインさえすれば、自宅でも職場でも、読むことができます。

 発売時刻は、発売当日の午前11時となります。(変更になる場合があります)

 難配達地域の既存の読者にも非常に利便性の高いサービスとなっております。是非ご利用ください。

 ※著作権の都合上、電子版では、紙の新聞と内容が一部異なる場合や、掲載されないページ・掲載されない記事がある場合があります。あらかじめご容赦ください。

          【スタッフ募集中】

2017年

8月

23日

中学生が友情育む 無人島でサマーキャンプ 竹子連

サマーキャンプを通して友情を深めた参加者
サマーキャンプを通して友情を深めた参加者

「サマーキャンプinカヤマ島」(竹富町子ども会連合会など主催)が19、20日、町内の中学生27人の参加で行われ、無人島という絶好の環境の中で大自然を満喫、友情を深めた。
 カヤマ島に到着した一行はまず5班に分かれ、協力しながらテント設営や薪拾いをした。夕食はカレーを作った。水道が通っていないカヤマ島では水は貴重で、割り当てられたわずかな真水の使用量を間違えると致命的だ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

8月

23日

遠隔授業 機能性アップ 講師と学生、距離身近に 石垣市

「スムーススペース」ではプロジェクターでなく、壁に投影される。人物も原寸大に近い大きさ=22日、石垣市IT事業支援センター
「スムーススペース」ではプロジェクターでなく、壁に投影される。人物も原寸大に近い大きさ=22日、石垣市IT事業支援センター

 保育士と幼稚園教諭の養成課程で学校法人大庭学園(大庭荒校長)と協定を結んでいる石垣市は22日、内閣府の沖縄離島活性化推進事業を活用し、多面的で臨場感のある通信教育「スムーススペース」を公開した。このシステムの導入で通信速度と画質が向上し、講師と学生の表情もわかりやすくなるなど、遠隔授業の機能性がアップする。授業への導入は10月の後期授業から。

石垣市は同日、石垣市IT事業支援センターで導入セレモニーを開いた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

8月

23日

タマシギのペアが散歩 一妻多夫、雌雄で役割逆転

 石垣島平田原の水田地帯にこのほど、タマシギが雌雄で現れ、周囲を警戒しながら餌をあさっている姿が見られた=写真。タマシギは大きな目玉が特徴的で、通常の野鳥とは違う。雌雄の役割が逆転していることで知られている。
 一般的に野鳥は雌より雄が目立つのは、雄が雌を誘うため。タマシギは、その反対だ。卵を産むのは雌だが、営巣、抱卵から子育てまでを雄がする。雌は別のパートナーを求めて去ってしまうという一妻多夫での繁殖をする野鳥。留鳥および漂鳥。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

8月

22日

ムシャーマに就航間に合わず 大型高速船、9月末に延期 波照間航路

大型高速船導入は9月末に延期となり、ムシャーマに間に合わないことが分かった=波照間島ムシャーマ(2016年8月16日撮影)
大型高速船導入は9月末に延期となり、ムシャーマに間に合わないことが分かった=波照間島ムシャーマ(2016年8月16日撮影)

 8月末に就航予定だった波照間航路の大型高速船導入が難航し、9月末に延期となっていることが21日、分かった。竹富町はこれまで就航は8月末としてきたが、延期となったことで目標としていた旧盆中日の9月4日に波照間島で開かれるムシャーマには間に合わない。

 大型高速船の購入と運営は安栄観光。竹富町によると9月4週目の9月17日以降に試運転を始め、9月末に就航する予定となっている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

8月

22日

マグロ好漁場 台湾漁船占拠 ルール改定へあす交渉

 八重山周辺海域での操業を台湾に認めた日台漁業協定(取り決め)の操業ルール改定に向け、八重山の漁業者らが台湾側と直接交渉する専門会議が23日から2日間、台湾台北市で開かれる。八重山北方の「三角水域」と呼ばれるマグロ好漁場で日本側の操業機会を増やせるかが焦点。八重山の漁業者は台湾側に数で圧倒され、操業を自粛せざるを得ない状況が続いており、八重山漁協は「根気強くルール改定を求めていきたい」(伊良部幸吉専務)としている。

 同協定は2013年、尖閣諸島問題で中国と台湾が共闘するのを防ぐため、日本側の大幅譲渡で締結された経緯があり、八重山の漁業者に大きな不満を残した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

8月

21日

与那原大綱曳に沸く ドラ鳴り響き、西が勝利

カナチ棒で綱がつながる瞬間=20日、与那原町内
カナチ棒で綱がつながる瞬間=20日、与那原町内

 【与那原】第35回与那原大綱曳(ひき)まつり(主催・同実行委員会)が19、20日の両日開催され、20日は御殿山青少年広場で健康や豊作祈願の大綱引きがあった。約600人が東西に分かれ、長さ約90㍍、重さ約5㌧の綱を引き合った。

 まつりには町内外から多くの観衆が訪れ、主催者発表で約2万人が参加。会場は熱気に包まれた。鉦(かね)やドラ、ボラの音が鳴り響く中、両軍とも懸命に力を出し合った。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

8月

21日

東宇里さん(得平)が最優秀賞 「親の教えは神の教え」と強調 第7回すまむに大会で意見発表

第7回すまむに大会参加者の皆さん=20日午後、健康福祉センター
第7回すまむに大会参加者の皆さん=20日午後、健康福祉センター

 第7回すまむに(方言)を話す大会(主催・石垣市文化協会)が20日午後、健康福祉センターで開かれ、賛助出演を含め9組11人が参加した。審査では、平得の東宇里永清さん(75)が最優秀賞を受賞し、9月16日に沖縄コンベンションセンターで開かれる県しまくとぅば語やびら大会の出場権を獲得した。

 大会には一般出演者8組10人と賛助出演者が参加。最優秀賞に輝いた東宇里さんは「うやぬくいやかんぬくい」と題し、「親のしつけをよく守る子が、良い子に育つ。母は私に話すとき『神様が話す』と前置きした。愛ある言葉で育てられた子は、人の道を踏み外すことはない。親の教えは神様の教えと同じであるという意味の『うやぬくいやかんぬくい』という言葉を、後世に受け継いでほしい」と発表した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

8月

21日

少年武蔵が九州制覇 軟式野球、熊本代表倒す

九州スポーツ少年団軟式野球交流大会で優勝した少年武蔵=20日、浦添市民球場(提供写真)
九州スポーツ少年団軟式野球交流大会で優勝した少年武蔵=20日、浦添市民球場(提供写真)

 第37回九州ブロックスポーツ少年団軟式野球交流大会が20日、浦添市民球場で準決勝、決勝が行われ、県代表として出場した石垣市の少年武蔵が決勝で池上野球クラブ(熊本県代表)を7ー2で破って優勝を果たした。

 少年武蔵は準決勝で同じく県代表の浦添タイガースと対戦。1―1で終盤にもつれる展開も6回に1点を奪ってサヨナラ勝ち。勢いそのままに池上野球クラブとの決勝は、初回に4点を先制。中盤に追加点も奪って試合を優位に進め、池上野球クラブの反撃を2点に抑えて7―2で勝利した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest