八重山日報社が1977年に創刊されて今年で40年を迎えます。節目の年にあたり、新たに「沖縄本島版」を製作し、八重山諸島に加え沖縄本島での取材体制を強化することにしました。

 復帰後45年を迎える沖縄は、アジアでも特色ある観光リゾート地として成長を続ける一方、米軍基地負担をいかに軽減するかという課題を抱えています。沖縄の経済や政治の動きを、きめ細やかに発信できる取材体制を目指します。創業時の初心に返り、公正な報道と適切な論評を世に問い、誰にでも分かりやすく愛される紙面づくりを進めます。

八重山日報 沖縄本島版 」基本情報

 

【購 読 料】   一部             90円(税込み)

         月極購読料        2,160円(税込み)

       県外(国内)購読料    3,610円(税込み)

【ページ数】 

 当面、8ページの構成を予定しておりますが、スタッフの充実を図りながら徐々に増やして参ります。

【支払方法】  

 ・口座振替  ・お振込

【朝刊配達可能区域】 

 沖縄本島全域

 

 日々の生活にとって大切な情報である「広告」や「折込チラシ」の分量という皆様に大変関心の高い点については、発行部数の大小に左右されるところがございますので、当面、自信をもってお約束できないのが実情であり、当社といたしましても心苦しいところでございます。県民にとって必須ともいえる「お悔み情報」につきましても、関連企業と連携し、網羅できるよう現在取り組んでいるところでございます。

 当面、ページ数も少なく、至らぬ点も多々ございますが、当紙を皆様に育てていただきながら、少しでも購読数を伸ばしていけるよう努めてまいります。

 詳しいお問い合わせは、こちらの番号までお願いします。

 Tel:(0980)82‐2403

 

                 

                         【お知らせ】iOS11の対応状況につきまして

 

       電子版購入はこちらから【新聞オンライン.com】

 【八重山版】http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

 

【沖縄本島版】http://www.shimbunonline.com/latest/yaeyamahontoban.html

『新聞オンライン』アプリ配信開始!

スマートフォン・タブレット端末で閲覧できます! 

 

 八重山日報電子版では最新号の新聞の他、バックナンバーも購入いただけます。定期購読または1部からの購入も可能となっており、購入した新聞は、IDとパスワードでログインさえすれば、自宅でも職場でも、読むことができます。

 発売時刻は、発売当日の午前11時となります。(変更になる場合があります)

 難配達地域の既存の読者にも非常に利便性の高いサービスとなっております。是非ご利用ください。

 ※著作権の都合上、電子版では、紙の新聞と内容が一部異なる場合や、掲載されないページ・掲載されない記事がある場合があります。あらかじめご容赦ください。

          【スタッフ募集中】

2018年

1月

23日

「石垣を間違いなく豊かに」 中山氏が事務所開き 市長選

後援会事務所開きであいさつする中山氏=22日夜
後援会事務所開きであいさつする中山氏=22日夜

 3月11日の石垣市長選に立候補する現職、中山義隆氏(50)の後援会事務所開きが22日夜、真栄里で多数の支持者を集めて行われた。中山氏は「もう1期頑張ることで、石垣を間違いなく豊かにする。これから10年、20年の石垣の大きな基礎になる」と述べ、3期目に向けた決意を示した。
 2期8年の市政運営を振り返り「一人ひとりが幸せを感じる市をつくりたいという思いは、8年経っても衰えていない。逆にもっと大きくなっている」と強調。「マニフェスト(公約)はしっかり実行してきた。待機児童はほぼゼロになる。ゴルフ場も、ようやく農振除外の手続きができた」と報告した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2018年

1月

23日

「チーム沖縄」一角崩れる 保守勢力、失速の可能性も 南城市長選で現職敗退

南城市長選で、敗戦の弁を述べる現職の古謝景春氏=22日未明
南城市長選で、敗戦の弁を述べる現職の古謝景春氏=22日未明

 21日の南城市長選で4選を目指した保守系現職が、翁長雄志知事を支える反基地勢力「オール沖縄」の新人に敗れた。翁長知事と対峙する保守系9市長でつくる「チーム沖縄」の一角が崩壊。今秋の知事選に向け、県政奪還を目指す自民党は出鼻をくじかれた形だ。選挙イヤーの今年、2月の名護市長選、3月の石垣市長選も、自民党としては楽観視できない状況。連敗すれば保守勢力は大きく失速することになり、安倍政権が急ぐ米軍普天間飛行場の辺野古移設にも悪影響を与えそうだ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

 

2018年

1月

23日

「働く×休暇」で観光誘客 ワーケーション実証実験 竹富町

西表島でワーケーションの実証実験が行われている=22日、西表島のシェアオフィス
西表島でワーケーションの実証実験が行われている=22日、西表島のシェアオフィス

 竹富町の新たな観光誘客コンテンツを推進しようと、株式会社ブルー・オーシャン沖縄は22日、西表島大原のシャアオフィス「パイヌシマシェア」で、「働く」(Work)ことと「休暇」(Vacation)を掛け合わせた「ワーケーション」の実証実験を行った。ワーケーションを推進することで、閑散期の冬場に観光誘客することが狙い。竹富町の移住・定住促進事業の一環。

 この日の実証実験では、東京都と仙台で働くIT系企業の社員ら計7人が参加。これまでに今月17日を皮切りに西表島滞在をしながら、ワーケーションに取り組んだ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2018年

1月

22日

新人瑞慶覧氏が初当選 現職古謝氏を僅差で破る 南城市長選

 【南城市】任期満了に伴う南城市長選は21日投開票され、元衆議院議員で新人の瑞慶覧長敏氏(59)=共産、社民、社大、自由、民進推薦=が現職、古謝景春氏(62)=自民、公明、維新推薦=の4期目を大接戦の末、65票の僅差で阻止し、初当選を果たした。翁長雄志知事を支え、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する「オール沖縄」勢力は、今年、県内で相次いで行われる各種選挙の初戦を制し、弾みをつけた格好だ。

 瑞慶覧氏はオール沖縄を支持する政党の支持を受け、革新支持層をまとめた。また、16日には翁長雄志知事が共に街頭に立ち、支持を呼び掛けた。「オール沖縄」を支える企業グループの会長や、辺野古移設に反対する名護市民らも応援に駆けつけた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2018年

1月

22日

約250人が苗作り楽しむ サンゴ復活プロジェクト ギネス記録達成ならず

 石垣市制施行70年記念事業の一環として21日、サンゴ復活応援プロジェクト~千人でサンゴ苗作り(主催・同実行委員会)が八島小学校で開催され、約250人がサンゴの苗作りを楽しんだ。苗作りに先立ち、「サンゴ養殖レッスン最多参加者数」のギネス記録挑戦が行われたが、レッスンを真剣に受けてない受講者が多いと判断され、記録は認定されなかった。

 ギネス記録への挑戦は、サンゴの養殖に関する講義を開催し、一度に受講した人数の多さを競うもの。250人以上が参加し、参加者の9割以上が真剣に講義を受ければギネス記録に認定されることになっていた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2018年

1月

22日

離島の魅力、コーヒーで発信 本島から10人がモニターツアー

 離島住民との触れ合いを通して、島の魅力を感じ発信してもらうことを目的としたモニターツアー事業「島あっちぃ」(主催・県)が20日、石垣島で実施され、沖縄本島からの一般モニター10人が、石垣島産珈琲(コーヒー)豆を使用した焙煎体験を満喫した=写真。同事業は県在住者を対象に、県が旅行費用の約70%を負担するもの。旅行内容に対するアンケートや振り返り会への出席が条件となる。2017年度のモニター数は約3200人。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2018年

1月

21日

「愛郷愛土」次世代へ 地域挙げて節目祝う 八重農創立80周年

田本徹さんの指揮で、80年前に制作された開校記念歌を斉唱する参列者ら=20日午後、八重農
田本徹さんの指揮で、80年前に制作された開校記念歌を斉唱する参列者ら=20日午後、八重農

 「80年の時を経て 地域をつなぐ稔の力 この先も受け継ぐ『結』の心」をスローガンに、県立八重山農林高校(山城聡校長)の創立80周年記念式典が20日午後、同校体育館で挙行され、在校生や卒業生、地域の関係者らが、八重山の高校で最も長い歴史を誇る同校の節目を祝い、さらなる発展を願った。

 同校は1937年、八重山農学校として開校。47年に県立八重山農林高校に改称した。新たな時代に対応するため、2013年に直近の学科改変を行い、現在のフードプロデュース科、グリーンライフ科、アグリフード科、ライフスキル科の4科体制となった。17年3月までの卒業生は1万1076人を数える。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2018年

1月

21日

国際通りで不発弾処理 住民2500人が避難

今回処理された米国製50㌔爆弾=20日午前、那覇市国際通り
今回処理された米国製50㌔爆弾=20日午前、那覇市国際通り

 【那覇】那覇市の中心街、国際通りで20日午前、ホテル建設現場から発見された米国製50㌔爆弾の不発弾処理作業が、一部を通行止めにして陸上自衛隊第15旅団によって実施され、付近の住民千世帯2千500人とホテルや土産品店など350事業所が避難した。

 付近は、内外の観光客が多い地区でホテルが多数点在。昨年9月にも国際通りで不発弾処理があり、日本語が通じない外国人旅行者が避難指定区域に入り込んでしまうということがあった。

 城間幹子那覇市長は「前回の反省から、通訳の数を増やし、事前告知看板にQRコードをつけて4カ国語で告知する市役所のホームページを見えるようにした」と話した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest