八重山日報社が1977年に創刊されて今年で40年を迎えます。節目の年にあたり、新たに「沖縄本島版」を製作し、八重山諸島に加え沖縄本島での取材体制を強化することにしました。

 復帰後45年を迎える沖縄は、アジアでも特色ある観光リゾート地として成長を続ける一方、米軍基地負担をいかに軽減するかという課題を抱えています。沖縄の経済や政治の動きを、きめ細やかに発信できる取材体制を目指します。創業時の初心に返り、公正な報道と適切な論評を世に問い、誰にでも分かりやすく愛される紙面づくりを進めます。

八重山日報 沖縄本島版 」基本情報

 

【購 読 料】   一部             90円(税込み)

         月極購読料        2,160円(税込み)

       県外(国内)購読料    3,610円(税込み)

【ページ数】 

 当面、8ページの構成を予定しておりますが、スタッフの充実を図りながら徐々に増やして参ります。

【支払方法】  

 ・口座振替  ・お振込

【朝刊配達可能区域】 

 浦添市、那覇市、豊見城市、糸満市

 ※上記4地区以外の地域では、現時点ではお昼以降の配達となる予定ですが、配達員の確保ができ次第、随時増やして参ります。

 

 日々の生活にとって大切な情報である「広告」や「折込チラシ」の分量という皆様に大変関心の高い点については、発行部数の大小に左右されるところがございますので、当面、自信をもってお約束できないのが実情であり、当社といたしましても心苦しいところでございます。県民にとって必須ともいえる「お悔み情報」につきましても、関連企業と連携し、網羅できるよう現在取り組んでいるところでございます。

 当面、ページ数も少なく、至らぬ点も多々ございますが、当紙を皆様に育てていただきながら、少しでも購読数を伸ばしていけるよう努めてまいります。

 詳しいお問い合わせは、こちらの番号までお願いします。

 Tel:(0980)82‐2403

 

八重山日報沖縄本島版の配達及び販売委託会社

       電子版購入はこちらから【新聞オンライン.com】

 【八重山版】http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

 

【沖縄本島版】http://www.shimbunonline.com/latest/yaeyamahontoban.html

『新聞オンライン』アプリ配信開始!

スマートフォン・タブレット端末で閲覧できます! 

 

 八重山日報電子版では最新号の新聞の他、バックナンバーも購入いただけます。定期購読または1部からの購入も可能となっており、購入した新聞は、IDとパスワードでログインさえすれば、自宅でも職場でも、読むことができます。

 発売時刻は、発売当日の午前11時となります。(変更になる場合があります)

 難配達地域の既存の読者にも非常に利便性の高いサービスとなっております。是非ご利用ください。

 ※著作権の都合上、電子版では、紙の新聞と内容が一部異なる場合や、掲載されないページ・掲載されない記事がある場合があります。あらかじめご容赦ください。

          【スタッフ募集中】

2017年

4月

26日

ごみ袋 8月値上げ 歳入見込み2480万円増 市議会、賛成多数で可決

石垣市臨時議会で石垣市廃棄物の処理及び清掃に関する条例が改正された=25日、議場
石垣市臨時議会で石垣市廃棄物の処理及び清掃に関する条例が改正された=25日、議場

 2017年度第3回石垣市議会(知念辰憲議長)臨時会の最終日が25日、市議会議場で開かれ、石垣市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例案が賛成多数で可決した。8月1日から、ごみ袋「大」「中」「小」がそれぞれ5円値上げとなる。今回の引き上げで石垣市の歳入は、2480万円増の1億2300万円となる見込みとなることもわかった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

4月

26日

落とし物 4775件 現金2年連続1000万円台 八重山署

 八重山署(与那嶺一文署長)は25日までに管内の拾得物状況をまとめた。2016年度の拾得件数は4775件となり、前年度から382件増。このうち拾得物として届けられた現金は1095万2548円となり、2年連続で1千万円台となっている。
 14年度の拾得件数は4771件、15年度は4393件。16年度の拾得件数のうち物品数は9380点に上り、過去3年間で最多。

 拾得現金は14年度の約930万円から15年度に約1110万円となって以降、1千万円台を突破している。同署によると市内スーパーで10万円の入った封筒もあった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

4月

25日

反対派抗議で国道渋滞 工事妨害、住民「迷惑」 辺野古移設

反対派の抗議活動で国道では激しい渋滞が起きた=24日午前、米軍キャンプ・シュワブ前
反対派の抗議活動で国道では激しい渋滞が起きた=24日午前、米軍キャンプ・シュワブ前

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先である名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前の国道で24日、工事車両の搬入を妨害しようとする反対派が座り込みなどの抗議活動を展開し、一時的に激しい渋滞が起きた。機動隊員が反対派を排除し、約20分後、工事車両や一般車両の通行が再開された。地元住民からは「迷惑だ」などと反対派を批判する声が上がった。

 政府は25日、護岸工事に着手する方針を固めており、24日午前9時ごろ、石材などを積んだトラックや重機が次々とキャンプ・シュワブの工事用車両ゲート前に集結した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

4月

25日

将来の災害に備えを 明和大津波慰霊祭で誓う

献花し手を合わせる参列者=24日午後、宮良タフナー原
献花し手を合わせる参列者=24日午後、宮良タフナー原

 石垣市主催による「明和大津波遭難者慰霊祭」が24日、宮良タフナー原の慰霊之塔前で開かれ、津波の犠牲となった9313人の冥福を祈り、津波・地震に対する防災意識の向上を誓った。

 明和の大津波は1771年4月24日に発生。現在の伊野田地区にあった仲与銘村は住民283人が全滅、白保村は全住民の98・2%にあたる1546人が死亡するなど、郡内全域に壊滅的な被害をもたらした。市では津波発生日に合わせ、毎年4月24日に慰霊祭を行っている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

4月

25日

カラスとアカショウビンのバトル

カラスの襲撃に対し、大きなくちばしで必死に抵抗するアカショウビン=22日午後6時過ぎ、市民会館北の路上
カラスの襲撃に対し、大きなくちばしで必死に抵抗するアカショウビン=22日午後6時過ぎ、市民会館北の路上

 22日午後6時過ぎ、石垣市民会館北の路上でカラスとリュウキュウアカショウビンのバトルがあった。
 アカショウビンをつつこうとするカラスに対し、アカショウビンは地面に這いつくばるようにして、けたたましい鳴き声を上げて必死に抵抗した。通りかかった男性がカラスを追い払ったため、アカショウビンは難を逃れ、市民会館中庭の森に飛び去った。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

4月

24日

沿岸監視の役割期待 自衛隊与那国駐屯地1周年記念で式典

1周年記念式典で一斉に敬礼する隊員ら=23日、駐屯地内広場
1周年記念式典で一斉に敬礼する隊員ら=23日、駐屯地内広場

 日本最西端の与那国島に昨年3月発足した、沿岸監視を目的とする陸上自衛隊与那国駐屯地の1周年記念式典が23日駐屯地内の広場で行われ、防衛大臣政務官の小林鷹之氏、衆議院議員の西銘恒三郎氏、國場幸之助氏、遠山清彦氏、岡部俊哉陸上幕僚長、与那国町の外間守吉町長ら来賓80人に、隊員80人を加えた160人が参列した。尖閣諸島をめぐる中国との緊張は以前にも増して高まっており、同駐屯地の役割が期待されている。この1年間、駐屯地反対運動は激化してきておらず、自衛隊員と町民の融和が進んでいる。しかし、町民が住民投票の後遺症で誘致賛成派と反対派に分断されているとして、町の将来を憂う声もあり、町政運営は難しさを増している。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

4月

24日

島袋氏が3選 自公が「オール沖縄」下す うるま市長選

3期目当選確実を受け、バンザイ三唱する島袋氏(前列中央)と支持者ら=23日午後11時ごろ
3期目当選確実を受け、バンザイ三唱する島袋氏(前列中央)と支持者ら=23日午後11時ごろ

 任期満了に伴ううるま市長選は23日投開票され、現職の島袋俊夫氏(64)=自民、公明推薦=が3期目の当選を果たした。

 島袋氏は自公選挙協力体制に支えられ、安倍政権の全面的な支援を受け、支持層を手堅くまとめた。県内11市のうち9市は翁長雄志知事と政治的に対立する「チーム沖縄」を結成しているが、中部の主要都市のうるま市で市政を死守した。

 翁長知事を支える「オール沖縄」陣営は首長選で3連敗となり、来年の名護市長選、天王山の知事選へ向けた体制立て直しが急務となる。

 島袋氏は旧具志川市議会議長、うるま市議会議長などを歴任後、2009年に行われた市長選で初当選し、第2代市長に就任。13年には無投票再選された。

2017年

4月

24日

もしもの備え忘れずに 石垣市市民防災訓練 4339人が参加

中央運動公園に避難した市民=23日午前、中央運動公園
中央運動公園に避難した市民=23日午前、中央運動公園

 「市民防災の日」前日の23日、石垣市は強い地震と津波を想定した市民防災訓練を全島一斉に実施し、市内30の自主防災会、11事業所などが参加した。今年の訓練は、小学校などでの訓練を23日に行うか、防災の日当日の24日に行うかを各学校に任せたこともあり、参加者数は昨年よりも大幅に少ない4339人にとどまったが、多くの市民が年に一度の訓練を通じ災害対策の必要性を再認識した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest