八重山日報社が1977年に創刊されて今年で40年を迎えます。節目の年にあたり、新たに「沖縄本島版」を製作し、八重山諸島に加え沖縄本島での取材体制を強化することにしました。

 復帰後45年を迎える沖縄は、アジアでも特色ある観光リゾート地として成長を続ける一方、米軍基地負担をいかに軽減するかという課題を抱えています。沖縄の経済や政治の動きを、きめ細やかに発信できる取材体制を目指します。創業時の初心に返り、公正な報道と適切な論評を世に問い、誰にでも分かりやすく愛される紙面づくりを進めます。

「沖縄本島版 八重山日報」基本情報

 

【購 読 料】   一部             90円(税込み)

         月極購読料        2,160円(税込み)

       県外(国内)購読料 (仮)3,610円(税込み)

【ページ数】 

 当面、8ページの構成を予定しておりますが、スタッフの充実を図りながら徐々に増やして参ります。

【支払方法】  

 口座振替のみ

【朝刊配達可能区域】 

 浦添市、那覇市、豊見城市、糸満市

 ※上記4地区以外の地域では、現時点ではお昼以降の配達となる予定ですが、配達員の確保ができ次第、随時増やして参ります。

 

 現在、4月1日の沖縄本島での朝刊配達開始に向け、5,000部の目標を掲げ準備を進めております。その中で、多くの方々に関心を持っていただき、日々お問い合わせいただく機会も増えてまいりました。当社への応援の声も多数届いております。

 一方で、皆様の日々の生活にとって大切な情報である「広告」や「折込チラシ」の分量という皆様に大変関心の高い点については、発行部数の大小に左右されるところがございますので、当面、自信をもってお約束できないのが実情であり、当社といたしましても心苦しいところでございます。県民にとって必須ともいえる「お悔み情報」につきましても、関連企業と連携し、網羅できるよう現在取り組んでいるところでございます。

 当面、ページ数も少なく、至らぬ点も多々ございますが、当紙を皆様に育てていただきながら、少しでも購読数を伸ばしていけるよう努めてまいります。

電子版の有無等、現在未定の部分につきましては、決まり次第こちらのホームページ情報を更新していく予定です。

 その他詳しいお問い合わせは、こちらの番号までお願いします。

 Tel:(0980)82‐2403

 

八重山日報沖縄本島版の配達及び販売委託会社

          【スタッフ募集中】

       電子版購入はこちらから【新聞オンライン.com】

   http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

『新聞オンライン』アプリ配信開始!

スマートフォン・タブレット端末で閲覧できます! 

 

 八重山日報電子版では最新号の新聞の他、バックナンバーも購入いただけます。定期購読または1部からの購入も可能となっており、購入した新聞は、IDとパスワードでログインさえすれば、自宅でも職場でも、読むことができます。

 発売時刻は、発売当日の午前11時となります。(変更になる場合があります)

 難配達地域の既存の読者にも非常に利便性の高いサービスとなっております。是非ご利用ください。

 ※著作権の都合上、電子版では、紙の新聞と内容が一部異なる場合や、掲載されないページ・掲載されない記事がある場合があります。あらかじめご容赦ください。

2017年

3月

25日

比に貸与の練習機到着 石垣経由、南シナ海警戒強化

石垣空港に駐機されている海自の練習機「TC90」。奥は哨戒機P―3C=24日午後
石垣空港に駐機されている海自の練習機「TC90」。奥は哨戒機P―3C=24日午後

 フィリピン海軍に貸与される海上自衛隊の練習機「TC90」2機が24日、給油のため経由地の石垣空港に到着した。25日午前にフィリピンに向けて出発する予定。南シナ海では中国が軍事拠点化を進めており、フィリピン海軍は警戒を強めている。TC90は警戒監視や人道支援、災害支援などに活用する。
 練習機は23日、海自徳島航空基地(徳島県松茂町)を離陸。海自那覇基地を経て24日午後1時過ぎ、石垣空港に飛来した。護衛機として同行したP―3C哨戒機とともに空港に駐機されており、空港周辺には写真撮影のために訪れた熱心な航空ファンの姿が見られた。
 自衛隊機の他国への引き渡しは初。2017年度内に他3機も引き渡される。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

3月

25日

自殺防止「真剣に話を」 ゲートキーパー養成で井上氏

 ゲートキーパー養成講座(主催・石垣市)が24日午後、市健康福祉センター2階視聴覚室で開かれ、民生委員や市民ら約60人が参加した。県立南部医療センター・こども医療センター精神科部長の井上幸代氏が講師となり、自殺の実態、うつ病の症状、ゲートキーパーとしての対処の仕方について講演した。

 井上氏はゲートキーパーについては、自殺の兆候がみられる人に声をかけて話しを聞いたり、専門家を紹介したりして悩みを軽減し自殺を回避する役割を担う人と位置付けている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

3月

25日

事故想定し連携プレー 20機関70人が訓練 スムーズに完了 石垣空港

石垣空港で航空機事故を想定した訓練を行った=24日、石垣空港
石垣空港で航空機事故を想定した訓練を行った=24日、石垣空港

 新石垣空港管理事務所は24日、石垣空港で航空機事故を想定した消火訓練を行い、20機関約70人が緊急時の連携プレーなどを確認した。
 訓練は空港内の1、2番スポットと平行誘導路などで実施。訓練の想定は航空機が飛行中にエンジントラブルを起こし、着地後はエンジンから出火し、多くの負傷者が出たというもの。緊急事態を想定し、緊急通報、初動措置、消火救難、避難誘導などを確認することが目的。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

3月

24日

沖縄リゾ婚、1万5千件超 5年連続過去最高に 国内関東、海外香港トップ

 【那覇】県観光振興課は23日、2016年に県外、国外に在住するカップルが結婚式のため沖縄を訪れた「リゾートウェディング」の実施組数が1万5399組で、前年を1224組(8・6%)上回り、5年連続で過去最高だったと発表した。国内カップルは関東、海外カップルは香港が最多となった。

リゾートウェディングを取り扱う県内関係企業62社を対象に調査を実施。うち55社から回答を得た。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

3月

24日

〝台湾との距離〟に関心 関西などから八重山視察 私学関係者らと意見交換

東運輸バスの乗務員による歓迎の演奏=23日夜、市内ホテル
東運輸バスの乗務員による歓迎の演奏=23日夜、市内ホテル

 八重山教育旅行現地視察会歓迎セレモニーと意見交換会(主催・八重山ビジターズビューロー、八重山教育旅行誘致委員会)が23日夜、市内のホテルで開かれた。関東、関西の私学関係者ら13校16人と、ANA関係者、日本旅行関係者を加えた34人に、地元の宿泊施設や観光業者32人の計66人が参加した。

 同ビューローが学校関係者を招くのは昨年に続いて2回目。今年は昨年の関東に加えて関西も加えた。2016年度に八重山を訪れた修学旅行などの教育旅行は95校2万人弱。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

3月

24日

夢に向け巣立つ 児童最多の平真小で卒業式

平真小学校の卒業式が行われた=23日午前、同校体育館
平真小学校の卒業式が行われた=23日午前、同校体育館

 八重山で最多の児童が在籍する平真小学校(棚原広幸校長、児童数672人)の卒業式が23日午前、同校体育館で行われ、計107人が6年間学び舎を巣立った。
 国歌と校歌を斉唱後、学次報告、卒業認定があり、棚原校長が児童一人ひとりに卒業証書を授与した。
 卒業生は檀上で「プロサッカー選手を目指します」「将来の夢は医者です」「パイロットになります」などと将来の夢を発表した。

 式辞で棚原校長は「挑戦する姿は勇気と感動を与える。まわりの応援を感謝につなげ成長してほしい」と激励。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

3月

23日

不妊治療、妊産婦にも拡大 本島病院への渡航費補助 県の事業開始で 石垣市

 石垣市は、難病患者などが沖縄本島の病院に通院する際の渡航費補助制度の対象を、4月から特定不妊治療と妊産婦にも拡大する。県の補助事業スタートに合わせた措置で、市健康福祉センターは「市民からの要望も多く、補助対象の拡大は喜ばれると思う」(具志堅智所長)と期待している。

 市が現在、補助事業の対象としているのはがん患者、小児慢性特定疾病患者、指定難病患者、特定疾患患者。沖縄本島の病院に通院する際、往復1万円を上限に渡航費を補助している。県保健医療部保健医療政策課によると、離島を抱える18市町村のうち、16市町村が同様の補助制度を運用している。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

3月

23日

「疑い」含め輪禍8頭 過去38年間で75件発生 保護増殖検討会

イリオモテヤマネコ保護増殖検討会が開かれ、1年間の報告などが行われた=22日、竹富町離島振興総合センター
イリオモテヤマネコ保護増殖検討会が開かれ、1年間の報告などが行われた=22日、竹富町離島振興総合センター

 2016年度イリオモテヤマネコ保護増殖検討会(土肥昭夫座長)が22日、西表島の竹富町離島振興総合センターで開かれ、今年度の事業成果と17年度の事業計画を確認した。16年の事故死数は、白骨化した状態で発見された「事故疑い」2件を含めると8件となる。78年から16年までの38年間で交通事故の発生は75件。16年のヤマネコ目撃情報は452件となり、95年以降で2番目の目撃数。

 西表野生生物保護センターは交通事故発生状況を紹介。
 「事故疑い」となっている個体は、9月10日に高那で発見された幼獣と12月4日に浦内―上原間で発見されたオス成獣。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest