八重山日報社が1977年に創刊されて今年で40年を迎えます。節目の年にあたり、新たに「沖縄本島版」を製作し、八重山諸島に加え沖縄本島での取材体制を強化することにしました。

 復帰後45年を迎える沖縄は、アジアでも特色ある観光リゾート地として成長を続ける一方、米軍基地負担をいかに軽減するかという課題を抱えています。沖縄の経済や政治の動きを、きめ細やかに発信できる取材体制を目指します。創業時の初心に返り、公正な報道と適切な論評を世に問い、誰にでも分かりやすく愛される紙面づくりを進めます。

八重山日報 沖縄本島版 」基本情報

 

【購 読 料】   一部             90円(税込み)

         月極購読料        2,160円(税込み)

       県外(国内)購読料    3,610円(税込み)

【ページ数】 

 当面、8ページの構成を予定しておりますが、スタッフの充実を図りながら徐々に増やして参ります。

【支払方法】  

 ・口座振替  ・お振込

【朝刊配達可能区域】 

 浦添市、那覇市、豊見城市、糸満市

 ※上記4地区以外の地域では、現時点ではお昼以降の配達となる予定ですが、配達員の確保ができ次第、随時増やして参ります。

 

 日々の生活にとって大切な情報である「広告」や「折込チラシ」の分量という皆様に大変関心の高い点については、発行部数の大小に左右されるところがございますので、当面、自信をもってお約束できないのが実情であり、当社といたしましても心苦しいところでございます。県民にとって必須ともいえる「お悔み情報」につきましても、関連企業と連携し、網羅できるよう現在取り組んでいるところでございます。

 当面、ページ数も少なく、至らぬ点も多々ございますが、当紙を皆様に育てていただきながら、少しでも購読数を伸ばしていけるよう努めてまいります。

 詳しいお問い合わせは、こちらの番号までお願いします。

 Tel:(0980)82‐2403

 

八重山日報沖縄本島版の配達及び販売委託会社

       電子版購入はこちらから【新聞オンライン.com】

 【八重山版】http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

 

【沖縄本島版】http://www.shimbunonline.com/latest/yaeyamahontoban.html

『新聞オンライン』アプリ配信開始!

スマートフォン・タブレット端末で閲覧できます! 

 

 八重山日報電子版では最新号の新聞の他、バックナンバーも購入いただけます。定期購読または1部からの購入も可能となっており、購入した新聞は、IDとパスワードでログインさえすれば、自宅でも職場でも、読むことができます。

 発売時刻は、発売当日の午前11時となります。(変更になる場合があります)

 難配達地域の既存の読者にも非常に利便性の高いサービスとなっております。是非ご利用ください。

 ※著作権の都合上、電子版では、紙の新聞と内容が一部異なる場合や、掲載されないページ・掲載されない記事がある場合があります。あらかじめご容赦ください。

          【スタッフ募集中】

2017年

9月

20日

意義深い米大統領国連演説

 米国ニューヨークの国連本部で、トランプ米大統領が19日、就任後初めて国連総会の一般討論演説を行い、もし北朝鮮への軍事攻撃に踏み切る事態となれば「北朝鮮は完全に破壊される」と警告。横田めぐみさん=失踪当時(13)=の拉致事件にも触れ「北朝鮮は凄まじい人権侵害を行っている」と非難した。
 米大統領の国連演説は、日本上空を通過する弾道ミサイル発射や核実験を繰り返す北朝鮮への力強い牽制になったはずだ。
 米大統領が国連で日本人拉致問題に言及するのは異例で、日本にとっても意義深い。産経新聞によると、横田めぐみさんの母、早紀江さん(81)は「トランプ大統領が拉致問題にも思いを寄せ、発言してくださったことは大きな意味がある」と述べた。安倍晋三首相とトランプ氏の良好な関係を受け、日本政府による水面下での働き掛けが功を奏した可能性もある。
 北朝鮮の脅威は沖縄から見ても現実的だ。沖縄本島には有事の際、米軍の活動拠点となると見られる米軍基地がある。北朝鮮の人工衛星と称する弾道ミサイルは2012年と16年の2回、宮古、八重山諸島の上空を通過した。中山義隆石垣市長は直ちに北朝鮮に抗議したが、北朝鮮は馬耳東風だった。
 北朝鮮との交渉を指す場合に使われる「対話と圧力」という言葉は常套句だが、日米は対話の積み重ねの果てに北朝鮮に裏切られてきた経緯がある。「北朝鮮の破壊」という言葉は人を驚かせるが、実業家として「ディール(取り引き)」の重要性を強調してきたトランプ氏であれば、北朝鮮の核放棄に向けた交渉にあたり、さまざまな「口撃」を繰り出すのは当然のことだ。
 現に国際社会で繰り広げられているのは国益と国益のぶつかり合いであり、日本としても、いかなる事態にも対応可能な即応性と柔軟性が求められる。
 トランプ氏が国連改革に前向きな姿勢を示していることも評価できる。
 トランプ氏は大統領就任前の昨年12月、国連について、ツイッターに「おしゃべりして楽しい時間を過ごす仲良しクラブ」と投稿。大統領に就任後の4月に国連安全保障理事会メンバー国の国連大使らをホワイトハウスに招いた際、米国の国連拠出金の負担は「不公平だ」と不満を表明、批判を繰り返した。
 国連では、沖縄県民を「先住民」と認めるよう求める勧告が繰り返されたり、翁長雄志知事が欧州国連本部の人権理事会で「沖縄県民の自己決定権がないがしろにされている」と演説するなど、沖縄県民から見ても、首をかしげたくなるような事態が繰り返されている。組織が一部の政治勢力に利用されているのではないかという疑惑を拭えない。
 安全保障理事会の常任理事国が自ら国際秩序を乱す行動を取るなど、国連の存在意義そのものが問われるような状況も出現している。国連本来の理想である平和維持や人権擁護の機能が十分に発揮されているとは言い難い。その意味で、米大統領の発言は良識を反映している。

2017年

9月

20日

「地元と意思疎通密に」 自民、基地問題で米に要請

会見する自民県議ら(右から照屋氏、中川氏、島袋大氏)=20日、県議会
会見する自民県議ら(右から照屋氏、中川氏、島袋大氏)=20日、県議会

 【那覇】今月10日から1週間訪米し、ネラー海兵隊司令官など複数の政府要人と会談した県議会の沖縄・自民党会派(会派長・中川京貴県議)メンバーが20日、県議会で記者会見し、帰任報告した。米軍基地の地元から米側との連絡体制を密にする協議会の設置要請があり、米側に伝達したことを明らかにした。「ネラー氏も地元自治体との意思疎通を積極的に取ることが重要と指摘した」と述べた。

 米側からは現行の仕組みを活用し、特に必要であれば日本政府からの要請があれば検討すると回答があったという。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

9月

19日

1万4千人超の署名提出 反対派、今後も運動継続 陸自配備問題

石垣島への陸自配備に反対する署名と要請書を中山市長に提出する「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」メンバー=19日午後、市役所
石垣島への陸自配備に反対する署名と要請書を中山市長に提出する「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」メンバー=19日午後、市役所

 石垣島への陸上自衛隊配備計画に反対する署名運動を展開している「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」(上原秀政、金城哲浩、波照間忠、嶺井善、八重洋一郎共同代表)は19日、有権者の署名数が1万4022人に達した、と発表した。今後も署名運動を継続する。署名数は9月1日現在の有権者数(38501人)の約36%を占めており、目標とする1万5千人に迫る勢い。連絡会は同日、署名を中山義隆市長に提出し、中山市長は「大変多くの皆さんが署名されたことを重く受け止める」と述べた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

 

2017年

9月

19日

恋する聖地にようこそ ハート型の案内板設置 平久保崎灯台

ハート型で、認定証やぱいーぐるが描かれている「恋する灯台」看板が設置された=19日午前、平久保崎灯台
ハート型で、認定証やぱいーぐるが描かれている「恋する灯台」看板が設置された=19日午前、平久保崎灯台

 石垣市観光交流協会(高嶺良晴会長)は19日、石垣島最北端の平久保崎灯台に、同灯台が「恋する灯台」に認定されていることを示す案内板を設置した。

 「恋する灯台プロジェクト」は、日本各地の灯台をロマンスの聖地として認定し、地域活性化に結び付けようというプロジェクト。長崎県に本部がある日本ロマンチスト協会と日本財団が主催し、全国では31灯台が認定されている。
 看板設置費用は、八重山観光フェリー社長の大松宏昭氏が平久保出身であることから、今年2月に行われた同氏の社長就任激励会の余剰金を活用した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

9月

19日

ピンク色の花満開 トックリキワタ きょう彼岸入り

鮮やかなピンク色の花を咲かせたトックリキワタ=18日午後、石垣市登野城
鮮やかなピンク色の花を咲かせたトックリキワタ=18日午後、石垣市登野城

 トックリキワタのピンク色の花が各地で満開し、道行く人々を魅了している。
 南米原産の熱帯花木で、ホウオウボクと同様、県内各地で普及。民家の庭や公園などを彩っている。鮮やかな濃紅色の花びらは、遠くから見るとヒカンサクラと見まごうほど。
 パンヤ科の一種で、成長するにつれ、幹がトックリ状に膨らみ、枝が放射状に広がり、均整の取れた美しい姿になる。
 幹に早くから円錐状のトゲができるが、ハンマーでたたくと簡単に取れる。9月ごろから開花し、11月まで咲き続ける。
 花のあと、こぶし大の実がつき、熟すると割れて、中から白い綿が出る。
 一方、きょう20日は秋分の日の中日に当たる彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」というように、朝晩は吹く風に秋を感じるようになった。(文・写真 南風原英和)

2017年

9月

19日

黒島の芸能 舞台で熱演 20年ぶり、威勢良く

豊年祭でおなじみの「ハディクマイ」が演じられた=17日夜、市民会館大ホール
豊年祭でおなじみの「ハディクマイ」が演じられた=17日夜、市民会館大ホール

 石垣在黒島郷友会(玉代勢泰忠会長)主催による「黒島の伝統芸能祭」が17日夜、市民会館大ホールで開かれ、満席となり立ち見も出る多くの観客で賑わった。

 同イベントは伝統芸能の継承と後継者育成を目的に、約20年ぶりに実施。棒術と結願祭の第一部、舞踊を中心とした第二部、豊年祭を再現した第三部の三部構成で行われ、多数の郷友や島民らが出演した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

9月

18日

衆院解散へ 政局風雲急

 衆議院の解散がにわかに現実的になり、政局は風雲急を告げている。安倍政権は10月10日公示、同22日投開票を軸に日程調整を本格化させているという。2014年12月以来、約3年ぶりの衆院選で、自公連立政権が国民の審判を受けることになる。
 沖縄の4選挙区は、いずれも現職が出馬すると見られている。1区は赤嶺政賢氏(共産)、国場幸之助氏(自民)、下地幹郎氏(維新)、2区は照屋寛徳氏(社民)、宮﨑政久氏(自民)、3区は玉城デニー氏(自由)、比嘉奈津美氏(自民)、4区は仲里利信氏(無所属)、西銘恒三郎氏(自民)で、新人は幸福実現党に立候補の動きがある。
 前回14年衆院選では、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する「オール沖縄」と呼ばれる勢力が小選挙区で全勝した。しかし自民候補と下地氏はいずれも比例で復活し、結局、立候補した9人全員が当選する「敗者なき選挙戦」となった。今選挙も「オール沖縄」勢力と自民の対決が軸になる。
 辺野古移設の是非は争点の一つになるが、移設をめぐる状況は当時とは一変した。2016年12月の最高裁判決を受け、辺野古沿岸の埋め立ては適法性が確認され、今年4月には埋め立て工事が始まった。移設阻止は現実的に困難という見方も広がりつつあるが、反対派は徹底抗戦を叫んでいる。
 自民党は移設容認、「オール沖縄」は移設反対の立場で再び干戈(かんか)を交える。移設のメリット、デメリットに関し、双方とも正面から論戦してほしい。
 米軍基地と並んで沖縄が抱える重要な安全保障問題が尖閣諸島問題だ。中国の身勝手な領有権主張は依然として変わらないが、中国公船が領海に侵入して八重山の漁船を追い回すなど、国有化当時に見られた強引な行動は影を潜めた。しかし中国公船と日本の巡視船が尖閣周辺海域でにらみ合いを続ける緊張状態は3年前と比べても改善されていない。
 こうした状況を受け、政府は南西諸島に陸上自衛隊を配備し、守備を固める動きを進めている。石垣島への配備は来年度から本格化する予定で、特に宮古、八重山を含む4区で争点の一つになる。
 現職9氏に関して言えば、この3年間でどれだけ沖縄振興に手腕を発揮したか、有権者が改めて実績をチェックする好機でもある。
 国会議員は市町村議会議員や県議会議員に比べ、住民と接する機会は必ずしも多くない。大所高所から国政の問題に取り組むことが求められるためだが、一方で地域と国政のパイプ役としての機能も果たさなくてはならない。それぞれの政治家が日ごろからどの程度、選挙区に足を運び、地域の要望を吸い上げてきたか問われる。
 沖縄は来年、名護市長選、石垣市長選、県知事選などの大型選挙が相次ぐ。衆院選は事実上の前哨戦として、県内政局を大きく左右する。

2017年

9月

18日

全島エイサーに23万5千人 各地の青年会、堂々演舞

演舞する北谷町栄口区青年会=17日、コザ運動公園陸上競技場
演舞する北谷町栄口区青年会=17日、コザ運動公園陸上競技場

【沖縄市】第62回沖縄全島エイサーまつり(主催・同実行委員会)の最終日が17日、コザ運動公園陸上競技場で開かれ、約11万8千人の観衆で熱気と興奮に包まれた。15日に胡屋十字路周辺で行われた道ジュネ―を皮切りに、16、17の両日は各青年会が競技場でエイサーを披露。県民や観光客らが沖縄の伝統芸能に魅了された。
 10年ぶりに参加した北谷町栄口区青年会はゆっくりとした動きで会場に入場。演武は徐々に激しさを増し、躍動感ある唐船ドーイも披露した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest