八重山日報社が1977年に創刊されて今年で40年を迎えます。節目の年にあたり、新たに「沖縄本島版」を製作し、八重山諸島に加え沖縄本島での取材体制を強化することにしました。

 復帰後45年を迎える沖縄は、アジアでも特色ある観光リゾート地として成長を続ける一方、米軍基地負担をいかに軽減するかという課題を抱えています。沖縄の経済や政治の動きを、きめ細やかに発信できる取材体制を目指します。創業時の初心に返り、公正な報道と適切な論評を世に問い、誰にでも分かりやすく愛される紙面づくりを進めます。

「沖縄本島版 八重山日報」基本情報

 

【購 読 料】   一部             90円(税込み)

         月極購読料        2,160円(税込み)

       県外(国内)購読料 (仮)3,610円(税込み)

【ページ数】 

 当面、8ページの構成を予定しておりますが、スタッフの充実を図りながら徐々に増やして参ります。

【支払方法】  

 口座振替のみ

【朝刊配達可能区域】 

 浦添市、那覇市、豊見城市、糸満市

 ※上記4地区以外の地域では、現時点ではお昼以降の配達となる予定ですが、配達員の確保ができ次第、随時増やして参ります。

 

 現在、4月1日の沖縄本島での朝刊配達開始に向け、5,000部の目標を掲げ準備を進めております。その中で、多くの方々に関心を持っていただき、日々お問い合わせいただく機会も増えてまいりました。当社への応援の声も多数届いております。

 一方で、皆様の日々の生活にとって大切な情報である「広告」や「折込チラシ」の分量という皆様に大変関心の高い点については、発行部数の大小に左右されるところがございますので、当面、自信をもってお約束できないのが実情であり、当社といたしましても心苦しいところでございます。県民にとって必須ともいえる「お悔み情報」につきましても、関連企業と連携し、網羅できるよう現在取り組んでいるところでございます。

 当面、ページ数も少なく、至らぬ点も多々ございますが、当紙を皆様に育てていただきながら、少しでも購読数を伸ばしていけるよう努めてまいります。

電子版の有無等、現在未定の部分につきましては、決まり次第こちらのホームページ情報を更新していく予定です。

 その他詳しいお問い合わせは、こちらの番号までお願いします。

 Tel:(0980)82‐2403

 

          【スタッフ募集中】

       電子版購入はこちらから【新聞オンライン.com】

   http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

『新聞オンライン』アプリ配信開始!

スマートフォン・タブレット端末で閲覧できます! 

 

 八重山日報電子版では最新号の新聞の他、バックナンバーも購入いただけます。定期購読または1部からの購入も可能となっており、購入した新聞は、IDとパスワードでログインさえすれば、自宅でも職場でも、読むことができます。

 発売時刻は、発売当日の午前11時となります。(変更になる場合があります)

 難配達地域の既存の読者にも非常に利便性の高いサービスとなっております。是非ご利用ください。

 ※著作権の都合上、電子版では、紙の新聞と内容が一部異なる場合や、掲載されないページ・掲載されない記事がある場合があります。あらかじめご容赦ください。

2017年

2月

19日

八重山の2作品が県知事賞 内原教諭(崎枝中)は優秀指導者賞 青少年科学作品展

県知事賞を受賞した山田貴志君=18日午前、浦添市民体育館(浦添市)(写真右)。県知事賞を受賞した丸山葵、野里怜生、大江ひかる、冨永万結実さん(右から)、優秀指導者賞を受賞した内原徹教諭(左)(写真右)
県知事賞を受賞した山田貴志君=18日午前、浦添市民体育館(浦添市)(写真右)。県知事賞を受賞した丸山葵、野里怜生、大江ひかる、冨永万結実さん(右から)、優秀指導者賞を受賞した内原徹教諭(左)(写真右)

 第39回沖縄青少年科学作品展(主催・沖縄電力㈱)が18日、浦添市民体育館で2日間の日程で開幕し、同日の表彰式では平真小学校4年の山田貴志君が「フナムシの研究」、崎枝中・石垣第二中・名蔵中の12人で取り組んだ「石垣島名蔵川水系の水質とそこに生息する生物調査Since2014」の2作品が県知事賞に輝き、優秀指導者賞を崎枝中の内原徹教諭が受賞した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

2月

19日

理想の〝まち〟模索 児童生徒がワークショップ

まちづくりワークショップが開かれた=18日、市役所
まちづくりワークショップが開かれた=18日、市役所

 将来のまちづくりを担う子どもたちの人材育成を目的とした、2016年度子どもまちづくりワークショップ(石垣市民憲章推進協議会主催)が18日、石垣市役所で開かれ、対象となった新川小学校と石垣中学校の児童生徒40人がワークショップで理想のまちを模索した。開催は今回で2度目。
 ワークショップは▽健康の町▽美しい町▽観光の町▽親切な町―を考えるもの。大人を交えた8グループで、まちのあり方を模索した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

2月

19日

音楽イベントで新曲 「昔馬車道」を発表 島ぬ宝さがしプロジェクト

新曲「昔馬車道」を踊るあん美ら会のメンバー=18日夜、南ぬ浜町緑地公園
新曲「昔馬車道」を踊るあん美ら会のメンバー=18日夜、南ぬ浜町緑地公園

 BEGINの比嘉栄昇さんが発起人として立ち上げた「島ぬ宝さがしプロジェクト」で生まれた新曲が18日夜、南ぬ浜町緑地公園で開かれた音楽イベント「スプリング・トリッピング・イシガキ」(TsunDAMI野外フェス実行委員会主催)で披露された。

 曲名は「昔馬車道」。テンポ感のある民謡調の明るい曲。同プロジェクトで募集した新たな名所として、名蔵に昔あった馬車道が選ばれて、これをテーマに比嘉さんが作詞、作曲して作り上げた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

2月

18日

半世紀なお癒えぬ傷 真栄田絵麻さんが講話 飲酒運転講話

真栄田絵麻さん
真栄田絵麻さん

 八重山警察署(前田達史署長)で17日午後、同署管内各事業所の安全運転担当者らを対象とした「飲酒運転根絶社員教育リーダー養成講座」が開かれ、約40人が参加した。12歳のときに飲酒運転による事故で母親を亡くし、飲酒運転根絶アドバイザーとして活動する真栄田絵麻さん(65)は、事故により一変した生活と飲酒運転根絶にかける思いを涙ながらに語り、参加者らが聞き入った。
 同講座は、飲酒運転根絶にむけ沖縄県警察本部交通企画課が2011年から実施しているもので、16年には県内4地区で開催された。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

2月

18日

男女共同参画で合同会議 「ジェンダー」テーマに講演も

漢那副市長から委嘱状の交付を受ける委員たち=17日午後、市総合体育館
漢那副市長から委嘱状の交付を受ける委員たち=17日午後、市総合体育館

 石垣市の男女共同参画会議と、男女共同参画計画「いしがきプラン」の地域推進委員会の合同会議が17日、市総合体育館で開かれた。委員に委嘱状が交付され、沖縄キリスト教学院大学教授の新垣誠氏が「これからの男女共同参画社会」をテーマに講演した。

 男女共同参画会議の会長には米盛初恵さん(公募市民)、副会長には浦内由美子さん(市女性団体ネットワーク会議副会長)、いしがきプラン地域推進委員会の委員長に大松信子さん(市商工会女性部副部長)、副委員長に大浜るみ子さん(市女性団体ネットワーク会議理事)が選任された。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

2月

17日

訪米した安倍晋三首相に…

 訪米した安倍晋三首相に対するトランプ大統領の厚遇ぶりが話題になっている。ホワイトハウスで出迎えたトランプ氏は「握手だけしようと思ったが、安倍首相を見て思わず抱きしめたくなった」とハグ。さらに日米首脳間では史上最長といわれる19秒の握手をしたが、潔癖症のトランプ氏は、実は握手嫌いで有名だ。そして異例の「ゴルフ外交」◆伏線はトランプ氏の大統領就任前にニューヨークで実現した初会談時の好印象にあったようだ。安倍首相は徹底してトランプ氏の人柄を調査し、好きな話題や嫌う話題などを把握した上で会談に臨んだという。ビジネスマンのトランプ氏は、入念に準備した安倍首相の姿に感銘を受けたのだろう◆立場は変わるが、記者の取材にも似たような場面はある。ある著名人にインタビューした際、のっけから「ぼくの著書は当然、読んできたよね」と言われ、著書に全く目を通さなかった筆者は目を白黒させた経験がある◆記者になりたてのころ、先輩に口を酸っぱくして言われたことは「段取り」の大切さだった。それが、いつしか忙しさにかまけて、危うい「出たとこ勝負」になってしまっていた◆政治もビジネスも同じで、一番大事なのは準備だ。偉大なビジネスマンは、偉大な政治家になる条件も備えている。

2017年

2月

17日

中台との漁業協定見直しを 浦崎副知事や上原会長ら要請

岸外務副大臣に要請書を手渡す浦崎副知事と上原会長(右端)、池田会長(左端)=県水産課提供
岸外務副大臣に要請書を手渡す浦崎副知事と上原会長(右端)、池田会長(左端)=県水産課提供

 浦崎唯昭副知事、県漁業組合連合会の上原亀一会長、県漁業協同組合長会の池田博会長らが13日、外務省と農水省を訪れ、日台漁業取り決めと日中漁業協定の見直しを求める要請書を提出した。

 要請書では、2013年の日台漁業取り決め発効後も多くの県内漁船が台湾漁船とのトラブルを恐れて適用水域での操業を自粛していると指摘。日中漁業協定は2000年に発効したが、当時の外務大臣書簡により、中国漁船の違法操業を取り締まれない状況になっていると問題視した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

2月

17日

島しょ観光の共通課題探る 東京諸島観光連携推進協が来島

伊豆・小笠原諸島の観光関係者と八重山ビジターズビューローの意見交換会が行われた=16日午後、商工会館ホール
伊豆・小笠原諸島の観光関係者と八重山ビジターズビューローの意見交換会が行われた=16日午後、商工会館ホール

 東京諸島(伊豆・小笠原諸島)11島の観光協会、自治体、交通事業者などで組織する「東京諸島観光連携推進協議会」(田村真吾会長)の一行18人は16日、多くの島々が連なる観光地という共通点があり、観光客が増え続けている八重山の取り組みを学ぼうと来島し、八重山ビジターズビューロー(YVB、高嶺良晴理事長)の関係者らと意見交換会を行った。

 同協議会は、昭和40年代をピークに観光客が減少し、高齢化が進んでいる東京諸島の課題を解決しようと2013年に設置されたもので、各島観光協会の事務局長、自治体の課長クラスがメンバーとなっている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest