八重山日報社が1977年に創刊されて今年で40年を迎えます。節目の年にあたり、新たに「沖縄本島版」を製作し、八重山諸島に加え沖縄本島での取材体制を強化することにしました。

 復帰後45年を迎える沖縄は、アジアでも特色ある観光リゾート地として成長を続ける一方、米軍基地負担をいかに軽減するかという課題を抱えています。沖縄の経済や政治の動きを、きめ細やかに発信できる取材体制を目指します。創業時の初心に返り、公正な報道と適切な論評を世に問い、誰にでも分かりやすく愛される紙面づくりを進めます。

八重山日報 沖縄本島版 」基本情報

 

【購 読 料】   一部             90円(税込み)

         月極購読料        2,160円(税込み)

       県外(国内)購読料    3,610円(税込み)

【ページ数】 

 当面、8ページの構成を予定しておりますが、スタッフの充実を図りながら徐々に増やして参ります。

【支払方法】  

 ・口座振替  ・お振込

【朝刊配達可能区域】 

 浦添市、那覇市、豊見城市、糸満市

 ※上記4地区以外の地域では、現時点ではお昼以降の配達となる予定ですが、配達員の確保ができ次第、随時増やして参ります。

 

 日々の生活にとって大切な情報である「広告」や「折込チラシ」の分量という皆様に大変関心の高い点については、発行部数の大小に左右されるところがございますので、当面、自信をもってお約束できないのが実情であり、当社といたしましても心苦しいところでございます。県民にとって必須ともいえる「お悔み情報」につきましても、関連企業と連携し、網羅できるよう現在取り組んでいるところでございます。

 当面、ページ数も少なく、至らぬ点も多々ございますが、当紙を皆様に育てていただきながら、少しでも購読数を伸ばしていけるよう努めてまいります。

 詳しいお問い合わせは、こちらの番号までお願いします。

 Tel:(0980)82‐2403

 

八重山日報沖縄本島版の配達及び販売委託会社

       電子版購入はこちらから【新聞オンライン.com】

 【八重山版】http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

 

【沖縄本島版】http://www.shimbunonline.com/latest/yaeyamahontoban.html

『新聞オンライン』アプリ配信開始!

スマートフォン・タブレット端末で閲覧できます! 

 

 八重山日報電子版では最新号の新聞の他、バックナンバーも購入いただけます。定期購読または1部からの購入も可能となっており、購入した新聞は、IDとパスワードでログインさえすれば、自宅でも職場でも、読むことができます。

 発売時刻は、発売当日の午前11時となります。(変更になる場合があります)

 難配達地域の既存の読者にも非常に利便性の高いサービスとなっております。是非ご利用ください。

 ※著作権の都合上、電子版では、紙の新聞と内容が一部異なる場合や、掲載されないページ・掲載されない記事がある場合があります。あらかじめご容赦ください。

          【スタッフ募集中】

2017年

5月

23日

財政効果31億4500万円 県、行革プランの成果報告

翁長知事と2人の副知事が参加して開かれた県行財政改革推進本部=22日午後、県庁内
翁長知事と2人の副知事が参加して開かれた県行財政改革推進本部=22日午後、県庁内

 【那覇】県行財政改革推進本部(本部長・翁長雄志知事)が22日、県庁で開かれ、第7次県行財政改革プランの進ちょくによる2016年度の財政効果は県税確保や未利用財産の売却促進などで約31億4500万円になったと報告があった。財政効果の目標額は15億9900万円で、実績が目標を約15億5500万円上回った。

 同プランは14年度に策定され、組織体制の見直し、業務の効率化、歳入の確保、歳出の見直し、簡素で効率的な行財政システム構築などを掲げている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

5月

23日

移民ゆかりの地訪問 台湾の小学生ら一行

台湾移民が入植した名蔵地区について、一行に説明する王滝さん=21日午前、バンナ公園
台湾移民が入植した名蔵地区について、一行に説明する王滝さん=21日午前、バンナ公園

 映画「海の彼方」の完成試写会などに参加するため石垣を訪れた台湾中部・彰化市の中山国民小学校の児童16人を含む一行23人は21日、市内の台湾移民の足跡をたどった。まずこの映画で描かれた玉木一家が営む、新川のアップル青果を訪問し、主役の玉代さん(88)に、同市にある八卦山の大仏をかたどった焼き物をプレセントした。
 玉代さんは台湾語で引率の教諭や父兄、児童たちと昔話や今の暮らしなどについて会話して、楽しいひと時を過ごした。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

5月

23日

欧州プロモを強化 ロケ地誘致も展開へ 市観光交流協が総会

石垣市観光交流協会の総会が開かれた=22日夕、市内ホテル
石垣市観光交流協会の総会が開かれた=22日夕、市内ホテル

 一般社団法人石垣市観光交流協会(高嶺良晴会長)の第54回通常総会が22日夕、市内ホテルで開かれ、今年度の事業計画案などが承認された。事業計画ではパンフレットのイタリア語版、フランス語版を活用し、欧州プロモーションの強化を目指す。また、映画などの本格的なロケ地誘致活動も行う。

 高嶺会長は前年度について「順調に事業が進行できた」と達成感を示し、「観光産業は平和産業。外的要因に左右されない観光産業づくりをしていく。より戦略的な活動にしていきたい」と決意した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

5月

21日

日台の小学生が交流 台湾移民描いた映画 「海の彼方」完成披露試写会

台湾民謡「雨夜花」を演奏する台湾の小学生=20日夜、舟蔵の里
台湾民謡「雨夜花」を演奏する台湾の小学生=20日夜、舟蔵の里

 台湾中部・彰化市の小学生、その家族ら22人と、かつて台湾から石垣島に移住した台湾移民の子孫の小学生ら約20人が20日夜、舟蔵の里で戦前の台湾移民の軌跡がテーマの映画「海の彼方」の完成披露試写会に参加し、交流会も開かれた。日台双方から合わせて約100人が参加し、新たな交流がスタートした。きょう21日には、台湾の小学生らは台湾移民の足跡をたどる島内ツアーを行う。22日午後には新川小学校を訪れてさらに交流を深める。台湾の小学生一行は24日に台湾に戻る。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

5月

21日

慶伊瀬島のアジサシ保護を 観光地化で急激に減少

これからの季節、飛来が期待されるベニアジサシ(沖縄野鳥の会の山城正邦会長提供)
これからの季節、飛来が期待されるベニアジサシ(沖縄野鳥の会の山城正邦会長提供)

 【渡嘉敷村】絶滅危惧種であるアジサシ類の保護を目的に県環境部自然保護課(金城賢課長)主催の連絡会議が18日午前、渡嘉敷村ナガンヌ島で開かれた。島でペンションを営む㈱とかしきや渡嘉敷村役場、環境省、沖縄野鳥の会、山階鳥類研究所など関係者15人が参加した。

 

 県の報告によると、渡嘉敷村慶伊瀬島(チービシ)3島(ナガンヌ、クエフ、神山島)はいずれも絶滅危惧種のベニアジサシ、エリグロアジサシ、コアジサシの繁殖地となっており、特にベニアジサシに関しては国内最大の繁殖地とされている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

5月

21日

緑豊かな島次世代へ 八島小で県植樹祭

次期開催地、宜野座村の當眞村長に中山市長が苗木を贈呈した=20日午前、八島小
次期開催地、宜野座村の當眞村長に中山市長が苗木を贈呈した=20日午前、八島小

 「ぼくらで作る 緑あふれる やさしい島」をテーマに、八島小学校で20日午前、全島緑化県民運動第68回沖縄県植樹祭(主催・県、県緑化推進委員会、石垣市)が開催された。石垣での同祭開催は、2002年以来15年ぶり。雨天のため、一般による植樹は中止されたものの、各小学校で緑化活動に取り組む「緑の少年団」の子どもたちを中心に、約400人が式典に参加した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

5月

20日

白保の全身人骨、日本最古 2万7千年前「旧石器時代に葬送思想」 人類史解明の手がかり

白保竿根田原洞穴遺跡で見つかった約2万7千年前のものとみられる人骨(沖縄県立埋蔵文化財センター提供)
白保竿根田原洞穴遺跡で見つかった約2万7千年前のものとみられる人骨(沖縄県立埋蔵文化財センター提供)

 石垣市の「白保竿根田原(しらほさおねたばる)洞穴遺跡」で2016年までの調査で見つかった旧石器時代の人骨が、全身骨格がほぼ残った人骨としては国内最古の約2万7千年前のものとみられることが分かった。同県立埋蔵文化財センター(西原町)が19日発表した。人為的に安置されていたとして、旧石器時代に人を葬る思想があったことをうかがわせ「墓域を国内で初めて確認した」と説明している。

 これまで最古とされていたのは、沖縄本島南部で発見された「港川人(みなとがわじん)」の約2万2千年前。同センターの金城亀信所長は19日の記者会見で「日本の人類史に新たな一ページを刻むことができる重要な発見だ」とした。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

5月

20日

外来生物 届け出5件 執行体制、年度内確立へ 竹富町自然環境保護条例

 4月にスタートした改正自然環境保護条例の認知度が徐々に高まっている。条例施行後、指定外来生物飼養の届け出も、19日までに5件あった。今後の課題としては、条例に基づく体制づくり。竹富町は野生動植物推進員の委嘱など、年度内の執行体制確立を目指している。

 指定外来生物の届け出は5件。このうち4件はグッピーだった。竹富町によると、町内の学校が教材目的で飼養しているものだという。グッピーは、繁殖や拡散能力が高いことから指定対象となっている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest