ロッテ あすからキャンプ  日本一奪還へ 79人心一つに

学童野球チームらの花道を通り、選手を歓迎した=石垣空港=
学童野球チームらの花道を通り、選手を歓迎した=石垣空港=

 千葉ロッテマリーンズ選手一行79人が30日夕、石垣空港に到着した。空港で市内の学童野球チーム、石垣島協力会の役員ら100人が参加して歓迎セレモニーが開かれた。ロッテは2月1日から23日まで、市中央運動公園でキャンプを行う。今年で5年目。

 

 JTA便で午後5時半過ぎに到着すると中村家國球団社長、西村徳文監督、大松尚逸選手会長にミス八重山と学童野球チームの代表者が、花束を贈った。


 学童野球の児童、協力会、ファンクラブのメンバーが花道をつくり、熱烈に歓迎した。中山義隆市長は「石垣島キャンプで土台を作り、リーグ制覇、日本一を目指してほしい」と激励した。


 中村球団社長は「素晴らしい気候、施設とファンの声援を糧に再び日本一を勝ち取りたい」と決意を語った。


 石垣島協力会はキャンプ期間中、サイン会や交流イベントを企画している。
 地元出身の大嶺祐太、翔太選手は鹿児島県薩摩川内市の2軍キャンプスタートとなった。