生き生きリズム刻む 1000人出演 成果披露 八重山学校音楽発表会

合唱を披露する大浜小の児童=4日午前、市民会館大ホール
合唱を披露する大浜小の児童=4日午前、市民会館大ホール

 

 八重山地区音楽教育研究会(國吉長秀会長)の第58回地区学校音楽発表会が4日、市民会館大ホールで開かれ、3市町の小学校18校、中学校5校から約1000人の児童生徒が出演。合唱や合奏などで、日ごろの音楽学習の成果を披露した。


 このうち大浜小学校3年生は「語り合おう」「かいじゅうのバラード」を合唱。身振りや手振りを交えながら、生き生きとしたリズムを刻んだ。


 明石小学校は、おなじみの名曲「上を向いて歩こう」「手のひらを太陽に」を会場いっぱいに響かせた。


 吹奏楽やピアノ独奏もあった。会場には大勢の父母が詰め掛けて、子どもたちの熱演に拍手を送った。