「再協議せず」確認 教科書問題で市教委

 子どもと教科書を考える八重山地区住民の会などが石垣市教育委員会に対し、3市町の全教育委員による教科書採択の再協議を要請したことに対し、市教委は24日、再協議しないことを確認した。

 

 

 定例会で前花雄二教育部長が「弁護士とも相談したが(教科書採択の)手続きは終わっている。司法の判断にゆだね、結果を見守りたい」と報告。保護者などが市を提訴していることを受け、再協議はせず、裁判の推移を見守る考えを示した。委員から異論は出なかった。


 住民の会などは、育鵬社の公民教科書が使用された場合、教育現場に大きな混乱が生じるとして、3市町教育委員全員で、公開で新たな教科書を採択するよう求めていた。


 住民の会などは市教委のほか、県、竹富町、与那国町教委にも同様の要請をした。