竹富町福祉計画策定委 介護保険料 月額4969円 9割増 町に答申 3月町議会改正案提出 利用者増が要因 

竹富町老人保健福祉計画・第5期介護保険事業計画策定委員会が答申=27日午前、町長室
竹富町老人保健福祉計画・第5期介護保険事業計画策定委員会が答申=27日午前、町長室

 竹富町の老人保健福祉計画・第5期介護保険事業計画策定委員会(根原憲永委員長、委員13人)は27日、2012年度から3年間の介護保険料について、基準月額で2353円増の4969円に設定するなどの答申を川満栄長町長に提出した。率にして89・9%の上昇。町は答申に基づき、町議会3月定例会に条例の改正案を提出する。

 

 

 同計画は3年ごとに見直しを実施している。今回の計画では、第4期(09―11年度)の基準月額2616円から、2353円増の4969円に設定する。


 引き上げは、通所介護や訪問介護など介護保険サービスの利用者数の増加が要因。このほか、町内の小規模多機能施設が来年度からショートスティなどの地域密着型サービスを開始する予定で、その利用者数も見込んでいる。


 根原委員長は「第4期を踏まえた審議の結果、介護保険料を設定した」と述べ、「計画では介護予防を重点項目として挙げている。介護予防事業を進めてもらいたい」とした。


 川満町長は「予防に力を入れていくのは大切。行政としてできることをやり、生きがいのある生活にできるよう、サービスを充実させていく」と話した。


 町介護福祉課によると、町の基準月額の伸び率は高いが、金額的には全国平均だという。また、介護給付準備基金からの繰り入れや所得に応じた負担額の段階細分化などで保険料を抑える考え。