慶大野球部 石垣で指導 主力20人 手取り足とり 少年オリオンズ40人に

慶應大野球部が野球教室を開催した=市中央運動公園野球場
慶應大野球部が野球教室を開催した=市中央運動公園野球場

 石垣市で合宿中の慶應義塾大学の野球教室が8日、市中央運動公園野球場で行われた。空港に出迎えた少年オリオンズのメンバー40人に指導した。


 同大学の3、4年生の主力メンバー20人が講師を務め、投手、内野、外野の守備別に教えた。


 投手は投球フォームや球の握り方、内野は相手の胸元を投げるコツ、外野は捕球から、スローイングへの動作とそれぞれ、丁寧に指導した。

 児童らは真剣な眼差しで野球に取り組んだ。


 江藤省三監督は「遠慮せず、大学生に色々と教わってほしい」と激励した。
 野球教室は、地元の支援で施設を使用していることへのお礼に開催された。