石垣支所の建設に着手 海洋基本計画を推進 川満町長が施政方針 竹富町議会3月定例会

施政方針演説をする川満町長=9日午後、町議場
施政方針演説をする川満町長=9日午後、町議場

 竹富町の川満栄長町長は町議会3月定例会の初日の9日、2012年度施政方針演説を行った。公約でもある役場移転は、14年度の単独自治体100周年記念事業として鋭意取り組み、今年度は役場移転計画と連動して石垣支所の設計、建設工事に着手する方針を示した。役場移転場所については、東日本大震災を教訓に高台への移転を再検討しており、役場移転審議委員会の答申内容を踏まえて決定する。

 

 

 町海洋基本計画を推進し、サンゴ礁などの海域を含めた総面積や海岸線の延長を地方交付税算定項目に編入するための基礎調査の実施、西表島周辺海域を対象とした海洋保護区の設定に向けた取り組みなど、海洋環境を管理するために施策を展開していく。


 世界自然遺産登録への早期実現に向けて取り組み、地球温暖化対策として町地球音高防止実行計画を策定、温室効果ガスの排出抑制と掲げた目標達成を図る。


 町地域活性化情報通信システムでは、携帯電話を活用して医療予約サポートの拡充や、小中学校向けの情報通信システムの整備を行い、情報格差の是正と地域住民の福祉向上に向けて取り組む。


 医療の確保に向け、竹富診療所と医師住宅を改築。黒島診療所と医師住宅の改築は13年度事業として取り組むとした。


 妊婦支援補助は妊婦定期健診の公費負担助成を14回実施。健診受診の運賃補助や県内での出産待機への運賃、宿泊費の一部も助成を行う。


 サトウキビの生産基盤強化に向けて取り組み、「黒糖の日」をPRしながら、学校給食への活用などで普及啓発を実施していく。老朽化する波照間、西表の両製糖工場の新工場建設も推進する。