感謝の気持ち込め… 小中校の卒業式始まる

式を終え、来賓席に頭を下げる卒業生=10日午前、白保中体育館
式を終え、来賓席に頭を下げる卒業生=10日午前、白保中体育館

 

 八重山の各小、中学校は10日から卒業式のシーズンに入り、この日は白保中、川平小中、波照間中の3校で児童生徒が学び舎を巣立った。卒業式のピークは小学校が22日、中学校が13日。


 63回目の卒業式となった白保中では、卒業生23人が舞台に着席した。上里多一校長が「世界に誇れる白保の海、ともに学んだ友だち、白保中を誇りに、大いなる未来へ新たな一歩を踏み出して」と式辞。


 卒業生を代表して結城北斗前生徒会長が「先生に教わったことを決して忘れず。それぞれの夢に向かって頑張ります」とあいさつした。


 卒業生の3年間をスクリーンで振り返るスライドショーもあった。
 式を終えた卒業生たちは1人ひとり父母にや来賓に頭を下げて退場。涙をぬぐう父母の姿もあった。