米軍機の空港使用に抗議 分館廃止決定でも

米軍機の石垣空港使用に対する抗議決議を読み上げる石垣三雄氏=12日午前、市議会
米軍機の石垣空港使用に対する抗議決議を読み上げる石垣三雄氏=12日午前、市議会

 石垣市議会(伊良皆高信議長)は12日の本会議で、在日米海軍のヘリなどが13日に石垣空港を使用する予定となっていることに抗議し、中止を求める決議と、県立図書館八重山分館の廃止決定に対する抗議決議を全会一致で可決した。

 

 

 石垣空港使用の抗議決議では「訓練を名目に軍事利用が常態化されることは地域住民の命と暮らし、八重山経済を支える観光など諸産業にも重大な障害をもたらすことは必定」と指摘。県や市の自粛を申し入れる中での使用に断固抗議する、としている。石垣三雄氏の提案。あて先は在日米海軍司令部など。


 分館の廃止決定に対する抗議決議では、県教育委員会の行政手法について「民意を全く無視した一方的な行政手法であり、離島切り捨て」と批判。


 市が提出した8項目の要望事項も。3項目が未回答だとし、明確に回答することなどを求めた。長浜信夫氏の提案。あて先は県知事など。


 また、3常任委員会に付託された補正予算案など11議案を全会一致で可決した。市当局はこの日、介護保険料を改定する介護保険条例の一部改正案を新たに上程し、同案は経済民生委員会に付託された。