米軍機が石垣空港使用 1時間滞在 民間機に影響なし

石垣空港に到着した米海軍の小型輸送機(左)とヘリ(13日午後)
石垣空港に到着した米海軍の小型輸送機(左)とヘリ(13日午後)

 米海軍の戦闘捜索救難ヘリHH60と小型輸送機C12が13日、相次いで石垣空港に着陸。米軍機は約1時間、空港を使用した。民間機の運航には影響なかった。フェンス外では労組関係者など約40人が集まり「空港の軍事利用を許すな」などと抗議。これに対し、八重山防衛協会の有志メンバーら約10人は、米軍が東日本大震災の被災者を支援した「トモダチ作戦」に感謝する横断幕を掲げた。

 

 

 関係者によると、米海軍の石垣空港使用は「トモダチ作戦」を指揮した米軍指揮官らの人員輸送が目的。米軍指揮官は大震災の追悼式典に参列後、小型輸送機で神奈川の厚木基地を出発。石垣空港でヘリに乗り換えて、米艦船に向かうスケジュールだった。


 県、市は空港使用の自粛を要請。市議会は12日、抗議決議を可決していた。
 ヘリは午後零時43分、石垣空港に着陸して待機。米軍関係者を乗せたと見られる小型輸送機は1時22分に到着し、数人が降りてヘリに乗り換えた。ヘリは1時51分、小型輸送機は1時53分、それぞれ離陸した。


 搭乗者は明らかでないが、関係者によると、ヘリは米海軍第七艦隊の司令官専用機だという。


 市空港課によると、米軍機が空港を使用している間に民間機は2機が離発着したが、遅延などの影響はなかった。フェンス外に労組関係者や防衛協会関係者らが集まったことによる大きな混乱もなかった。


 中山義隆市長は「米軍が民間空港を使用するのは好ましくなく、自粛してほしい。日米地位協定に基づいての使用なので、協定の改定を視野に入れなくてはならない」と話した。