全国47人が出場 八重山初 アーチェリー公式戦

八重山初のアーチェリー競技公式大会が開催された=18日、サッカーパークあかんま
八重山初のアーチェリー競技公式大会が開催された=18日、サッカーパークあかんま

 アーチェリー競技の八重山初となる公式大会「第1回石垣市長杯アーチェリー石垣島大会」が18日、サッカーパークあかんまで開催された。全国から男女47人が出場し、長距離・短距離の4段階の距離で標的を狙い、合計得点で競い合った。

 

 

 大会には、全国から高校生、大学生、一般の男子23人、女子24人が出場。沖縄県からは女子選手3人が出場した。男子は90・70・50・30㍍、女子は70・60・50・30㍍の4段階の距離でそれぞれ36射、合計144射を行った。


 この日の午前中は風が強く、時折突風も吹くような状態。風により矢が流されることから、選手にとっては風との戦いでもあった。


 結果、男子は佐藤博乙選手(日本体育大学)、女子は柏﨑寛奈選手(三本木農業高校)が1位になった。
 表彰式では、公式大会の初開催を記念して農業生産法人ゆいまーる牧場(金城利憲代表取締役)から出場選手へ10キロの石垣牛が贈られた。
 試合結果は次の通り。


 【男子】
 ▽1位=佐藤博乙(日本体育大学)1253点▽2位=坂野太一(同)1216点▽3位=中村翔(広島工業高校)1201点
 【女子】
 ▽1位=柏﨑寛奈(三本木農業高校)1216点▽2位=中村美樹(日本体育大学)1206点▽3位=丸山美由紀(同)1157点