持ち去り米兵ら不起訴 寄港抗議の横断幕、地検

 石垣島に2009年、米海軍の掃海艦が寄港した際、抗議の横断幕を持ち去ったとして窃盗の疑いで書類送検された海軍兵(34)と元海軍兵の無職の男性(27)について、那覇地検は22日までに、いずれも嫌疑不十分で不起訴にした。


 2人は米海軍の捜査機関の調べに対し、横断幕を持ち去ったことは認めていたが、地検は「自己の所有物として利用したり処分したりする不法領得の意思が認められなかった」と説明した。処分は21日付。


 掃海艦の乗組員だった2人は09年4月3日、石垣港のフェンスに市民団体が掲げた抗議の横断幕1枚を盗んだ疑いで、沖縄県警に書類送検された。


 地検はまた、寄港時に石垣港に座り込んだ反対派市民の間を歩いて外に出ようとしたケビン・メア駐沖縄米総領事=当時=ら4人を押したとして、暴行の疑いで書類送検された石垣市議ら3人についても、22日までに嫌疑不十分で不起訴とした。