PAC3配備 共産党が反対 八重山郡委

 日本共産党八重山郡委員会(委員長・石垣三雄市議)は30日、北朝鮮の「ロケット」発射計画の中止と、自衛隊のPAC3石垣島配備の撤回を求める声明を発表した。


 声明ではPAC3配備計画について「軍事的緊張を高めるとともに、日本の軍事路線化を拡大する」と懸念。「八重山を含め、日本の将来にとっても危うい道であり、取るべき選択ではない」として、日本政府に対し、平和的外交による解決を求めている。